そごう柏店、回転展望レストラン。柏駅前に現在も佇む回転展望レストランとは ー柏⑴

そごう柏店、回転展望レストラン。柏駅前に現在も佇む回転展望レストランとは ー柏⑴

「そごう柏店」2016年9月に閉店したJR柏駅東口のそごう。最上階には回転展望レストランがあり、柏のシンボル的存在。

しかし、閉店してからずっと活用されずに静かな時を過ごしている。駅前の一等地、今後の動向もかなり気になる場所だ。

「そごう柏店」とは

「そごう柏店」は、千葉県柏市柏1丁目。JR柏駅東口前にあった百貨店だ。

柏駅東口前

そごう柏店が開店したのは、昭和48年(1973)。その後、平成28年(2016)まで43年間、営業していた。当時柏駅周辺は再開発が進んでおり、高島屋なども同時期に開業している。

オープン時のキャッチフレーズが「みどりのまちにお城のような百貨店」とあることから、まさに柏のシンボルマークだったことがわかる。

私の記事でもランキング上位になるほど注目されている「回転展望レストラン」。
旧伊勢丹回転展望レストラン。人気を博した松戸旧伊勢丹の回転展望レストランの末路

松戸駅前にも跡地があるが、柏そごうでは、平成28年(2016)までそごうの中で唯一営業していた建物だったそうだ。

そのため、柏そごうの閉店を惜しむ声は多かったのではと思う。

Advertisement

「柏そごう」回転展望レストランの現在…

柏駅前に佇む白いお城。2016年に閉店してから、建物がそのまま残っている。

そごう柏店

本館14階にある回転展望レストラン。開業当初からホテルオークラ系列店舗で、フランス料理店や中国料理店が営業していた。

回転展望レストラン

そごう柏店は、高島屋、丸井柏店と競い合いながら、1990年代前半に売上高のピークを迎える。

しかし、2000年代に入ると、近隣に大型のショッピングモールが開業。人口が増えている柏であるが、流入に失敗してしまったのである。

立派な時計

旧本館は、2階の「ちばぎんコンサルティングプラザ柏」のみ営業しているが、旧本館入り口は閉鎖され、エレベーターの稼働も停止。実質、本館は立ち入ることができない。

旧本館の様子

回転展望レストラン…そごうの歴史から消えてしまった。しかし、松戸も同じだが建物だけはしっかりと残っている。これからどうなるのだろう。

回転展望レストランを眺める

本館の活用については、新たな商業施設として開業することを打診しているそうだが具体的なことは決まっていない。

しかし、2021年2月。「そごう柏店、地元地権者の全所有権移転 跡地活用へ「大きな前進」」ままい日新聞よりニュースが出た。

長く交渉が続いていたが、折り合いがつき三井不動産が所有者となったそうだ。

入り口付近

隣にある「スカイプラザ」はビックカメラなどが開業している。スカイプラザの4階から6階は以前、そごうの店舗だった。

スカイプラザへの通路

通路を下から眺める。とても立派である。

通路

百貨店はどこも厳しくなっていて、時代の変化を顕著に表している。

横から眺める

そごう柏に関して、思い出のある方も多いのではないでしょうか?

コメントお待ちしております~

Advertisement

柏駅周辺の商業施設

柏駅周辺。高島屋は、「高島屋ステーションモール」として駅ビルと再編。現在も営業している。

高島屋ステーションモール

左にあるビックカメラが、スカイプラザ。正面には柏マルイの建物が見える。

柏駅東口

柏駅周辺は商店街の数も多く、1日では探索しきれなかった…

今回から柏の記事が続くが、また探索に訪れなければならないと思っている。

松戸の回転展望レストランについてはこちら↓

旧伊勢丹回転展望レストラン。人気を博した松戸旧伊勢丹の回転展望レストランの末路

 

(訪問日:2021年1月)