中華料理屋「喜隆」。鹿島神宮から少し離れた地元の人の憩いの場がアツかった-鹿島⑹

中華料理屋「喜隆」。鹿島神宮から少し離れた地元の人の憩いの場がアツかった-鹿島⑹

鹿島神宮周辺でランチをと思ってたどり着いたのは、地域の人々に愛される小さな町中華だった。

鹿島神宮に訪れた観光客は決して訪れないであろうお店。逆に貴重な経験ができて良かったかもしれない。

中華料理屋「喜隆」へ

茨城県鹿嶋市宮中7丁目7−3。鹿島神宮参道で観光客向けのお店でランチを食べるのではなく、地元で愛されている渋いお店に立ち寄りたいと思っていたら、随分遠くまで歩いて来たようだ。

もう、飲み屋街ばかりで普通の定食屋が無いと思っていたので、見つけた時は嬉しかった。

渋い外観!

交差点の角にポツンと佇む小さなお店。お食事処の暖簾がかかっているので安心。

入り口

しかし、店名は消えてしまっていてわからない。鹿島神宮からはかなり離れているので観光客の姿は無い。良いお店に違いないだろうと踏んだ。

外観が良い
お食事処 喜隆
Advertisement

御品書きと店内

中華料理屋「喜隆」。御品書きを見ると、ラーメンが580円。町中華の優しい値段設定だ。

御品書き

メニューは裏面にも。イカフライ定食とかも気になる~

裏面のメニュー

店内は、奥に座敷とテレビ、手前にテーブル席が3つ。そんなに広くはないが、既に地元の方が数名、飲んでおり、賑わっていた。

店内の様子

喫煙も可能なので、町中華というよりも居酒屋にいるような雰囲気。

「人生楽ありゃ苦もあるさ~ 80歳過ぎたら苦しいことも多いな!」と突然歌いだす。茨城らしさを感じた瞬間で思わず笑ってしまったが、80歳過ぎてるなんて元気すぎる。

右はカウンター

1人の男性がこれから大阪へ向かうらしく「大阪行ったら鹿島に戻ってこれないな」とコロナを心配していたら、女将さんが「戻ってこなくていいわよ!」とツッコミを入れていて面白かった。

地元の人のやりとりは聞いているだけで面白い。

飲み物の棚

そして、何よりも待っている時間が、灼熱地獄のようだった。すぐ近くに厨房がある上、冷房も効いているのかわからないほど暑く、凄いお店を選んでしまったなと思ったものだ。

Advertisement

家族でのランチ

まず届いたのは、竜田丼。唐揚げと海苔が盛り付けられている。

立田丼

こちらは、カツ丼。すべての丼ものにお新香と味噌汁がセットになっている。手作りのお新香と味噌汁、とても美味しかった。

カツ丼

私は、玉子丼。580円でこのボリュームはびっくり。

玉子丼

値段、美味しさだけだったら他にもこういうお店はあると思うが、茨城弁で話す地元の方々のたまり場となっているお店のようで、雰囲気が独特だった。

今まで立ち寄った飲食店の中で、最も強烈な印象を覚えたお店である。一緒にいた家族みんなそう思ったようだ。

最後に女将さんに話を伺うと、お店としては40年~50年ほど営業しているらしい。老舗だ。

観光客向けのお店では味わえない、濃いランチを頂くことができた。

※ワクチン2回目の副反応でダウンしているので今日は1記事の更新です

(訪問日:2021年5月)