「中村家住宅煉瓦蔵」千葉街道鬼越の名家の住宅!必見! -市川⑺

「中村家住宅煉瓦蔵」千葉街道鬼越の名家の住宅!必見! -市川⑺

「中村家住宅煉瓦蔵」。千葉県市川市鬼越二丁目にある立派な煉瓦造りの建造物である。今回は、この建物に特化して記事を書く。見所がたくさんあるためだ。

周辺の探索記事は、鬼越駅から歩いているので参考にしてほしい。

中村家住宅煉瓦蔵

鬼越二丁目。最寄り駅は、京成中山駅が近いかもしれない。国道14号線と木下街道の分岐のところに中村家住宅はある。

中村家住宅煉瓦蔵

中村家住宅煉瓦蔵を含め、7棟2基が国登録有形文化財にしていされている。主屋、離れ、煉瓦蔵、土蔵、北蔵及び事務所、倉庫、稲荷社、防空壕、門及び石塀。登録されたのは平成26年のことらしい。

明治から大正時代の近代和風建築が複数現存している貴重な建物だ。

中村家は、明治期には陸軍御用達の馬糧商、大正時代には味噌醸造所などを営んだ名家として知られている。東山魁夷など当時の若手画家を下宿させていた時もあったそうだ。

国登録有形文化財

煉瓦蔵

外から見えるのは、この煉瓦蔵。他の主屋などは外からはあまり見えない。

明治後期につくられたという煉瓦蔵は、イギリス積み。他ではあまり見たことがない独特なデザインだ。

イギリス積み

雷紋が描かれているようにも見える。煉瓦蔵で雷紋を見るのは初めてだ。

雷紋
家紋
家紋2

煉瓦の色も落ち着いていて、良い。

通気口?
瓦は比較的綺麗

横側

敷地に沿って、赤い壁が並んでいる。隣はセブンイレブンなので、人通りもある。

赤い壁

壁側から見るとこんな感じで上半分しか建物は見えない。

半分のみ

看板もあって、タイムスリップしたかのような風景。かつての成田街道の面影を残している。

時が止まっている

どこから見ても素敵な煉瓦蔵。今まで見てきたものの中で一番良い。

洋風建築

事務所として使われている洋風建築。石造風の洋風建築は、蔵と相まって異質感がある。

昭和前期に建てられたものらしい。

洋風建築
夕方の雰囲気が合う

主屋

裏手に回って主屋らしき建物を見てみた。

外側からはほとんど見ることができないが、検索すると建物の写真を見ることができるのでぜひ見てほしい。敷地内に広がる豪華な邸宅にうっとりする。

裏側

 

成田街道を歩いていた時

成田街道を歩いていた中学2年生(2013年)の時の写真。

あれ、工事中かな?

2013年

よく見ると、剥がれ落ちてボロボロな箇所も。7年経った今は、修復されて綺麗になっていて良かった。市としての保存管理がされているのだろうか?

2013年

煉瓦蔵のジャンルの中でもとても好きな建物。成田街道の往来をいつまでも見守ってほしい。

 

千葉市の煉瓦蔵

【千葉】駐車場に残されたレンガ蔵。地図から読み解くかつてのレンガ蔵の姿

習志野市の煉瓦蔵

京成津田沼駅前に伸びる商店街「ワイがや通り」。もう一度ワイがやを取り戻せ!

 

 

(訪問日:2020年7月)