上本郷「松戸せんべい信濃屋」。千葉県の煎餅店の繋がりを知る

上本郷「松戸せんべい信濃屋」。千葉県の煎餅店の繋がりを知る

松戸の上本郷駅近くで見つけた「松戸せんべい」。あれ、地名+煎餅の店名は今まで歴史を辿ってきたお店の店名と似ているのでは…?

またもや、せんべい店の歴史を見つけてしまった。

上本郷駅近くの「松戸せんべい」

千葉県松戸市仲井町2丁目。新京成線「上本郷駅」。用事が無かったら立ち寄ることもないだろう、小さな駅だ。

駅南口に商店街があり、黒いテント屋根のお店がせんべい店だ。

「松戸せんべい」

隣は蕎麦・中華の「稲麺家」。

左が稲麺家

この辺りだけテント屋根が並んでいて雰囲気が良い~

良い写真

「高級手焼せんべい・あられ」
松戸名物の松戸せんべいはどんな味なんだろう、普通に気になるキャッチコピーだ。

高級手焼せんべい・あられ
Advertisement

老舗せんべい店・50年の歴史

店内は、昔ながらのせんべい店のつくり!そうそう、こういうお店の雰囲気が好き。

昔から変わらず

ガラスのケースに1枚から販売されている。どれを購入しようかな~

1枚から

種類豊富!他のお店ではあまり抹茶を買っていなかったので買ってみよう。

様々な商品が並ぶ

タイルの床が素晴らしいな~今どき、こういうお店って少なくないですか?他のせんべい店でもこういう凝った店内は少なかったな。

タイル!

ここで、私は店内に飾られている賞状から、店長の名前を知る。

その名前が、今まで調べてきた、検見川煎餅・谷津煎餅・佐倉煎餅などと同じ名前だったのだ!偶然入ったお店が、関係があるお店だったと知り一人で驚いた。

どれにしようかな~

店員さんに確認すると、やはり同じ系列店だという。このお店もご親戚。

50年以上前、昭和45年(1970)創業。他の検見川煎餅などと同じ時期だ。詳しく聞けなかったが、門前仲町のせんべい店で修業をされたのだろう。

発送もしている

「若い時はできても、今は大変だ」と手焼きせんべいを作ることの大変さを語っていた。後継者はいないようだったので、他の店舗と同じくいつか閉店する時が訪れるのだろう。

素敵な店内

土曜日の午後、決まった時間だけ店頭でせんべいを焼いている。

店頭で

慣れた手さばきで焼く姿はカッコいい。

良い匂いがする

他のお店では店頭で焼いているのを見たことが無いので貴重な光景かも。

「発狂せんべい」というのは辛い煎餅だろうか…今回は買わなかったけど名前のインパクトが凄い。

発狂せんべい??

4種類を購入。家族へのお土産です。

松戸せんべい

昔は商店街でお祭りが開催され、多くの人で賑わっていた通り。

今はお菓子も多様化し、せんべい店は厳しいだろう…

偶然立ち寄ったお店が関係するお店だったとは。これは最後の一軒も少し遠いが、行かないといけないな。

「けみ川煎餅」の記事

(訪問日:2021年4月)

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。