「鎌ヶ谷浴場」休業中。渋い煙突が取り壊しになった銭湯が気になって仕方がない -鎌ヶ谷⑶

「鎌ヶ谷浴場」休業中。渋い煙突が取り壊しになった銭湯が気になって仕方がない -鎌ヶ谷⑶

「鎌ヶ谷浴場」。その名の通り鎌ヶ谷市にある銭湯だが、最近特に動向が気になって仕方がない銭湯。

臨時休業とあるが、それが昨年からずっと続いている。渋い銭湯なだけに営業再開を待ちわびている方も多いだろう。

「鎌ヶ谷浴場」の渋い煙突が見える

千葉県鎌ヶ谷市富岡1丁目。「鎌ヶ谷浴場」があるのは、東武野田線「鎌ヶ谷駅」と新京成電鉄「初富駅」の間の住宅街。

駅からも離れているのだが、せっかくなので「鎌ヶ谷駅」から「初富駅」まで歩く途中に立ち寄ることにした。遠くからでも煙突が見えるのでわかりやすい。

鎌ヶ谷駅から住宅街へ

県道8号線から東の住宅街へ。こんな細い道にあるのか…と不安になるくらい。

こんな場所に?

新築らしき一軒家の奥に銭湯の建物があった。銭湯と知らなかったら通り過ぎてしまいそうなくらい、看板がないのでわかりづらい外観。

鎌ヶ谷浴場
Advertisement

現在も休業中「鎌ヶ谷浴場」

元々外観は現在と同じように看板もないようだが、以前の写真を見ると扉の上の白い蛍光灯に「鎌ヶ谷浴場」の文字があった。現在は見えない。

鎌ヶ谷浴場の現在

しかも、張り紙が。

ばいえん(すす)苦情の為休業(保留とします)
2020年(令和2年)11月1日

休業の張り紙

私が訪れたのは12月。苦情の為に休業とはなんとも…もしかして隣の新築の家が関係しているのではないかと疑ってしまう。明らかに新しい一軒家が建っていたのだ。

銭湯の窓

赤い渋い煙突が建物の裏に佇んでいる。

渋い煙突だな~~

煙突、実は2021年1月に姿を消したという情報をいただいた。休業の根源を絶ったようだが、現在も休業中…果たしてどうなるのか。

現在も静か

明かに銭湯の方が古くから存在するのに、苦情で休業や取り壊しになるという話はなんかな…と思ってしまう。こういう話はここだけでなく、よくある話である。

新型コロナウイルスの影響もあり、各地の銭湯が休業しているのだが、鎌ヶ谷浴場は鎌ヶ谷市の数少ない銭湯なので頑張ってほしいなと思う。

 

 

 

(訪問日:2020年12月)