石岡の看板建築 !昭和レトロの街並みが残る看板建築の聖地-茨城⑹

石岡の看板建築 !昭和レトロの街並みが残る看板建築の聖地-茨城⑹

皆さん「看板建築」はお好きでしょうか?!私も看板建築の魅力に取りつかれた一人。看板建築は、裏は木造建築なのに表が一枚のキャンバスのように個性豊かな装飾が施されている商店の建物のこと。

今回は看板建築の聖地でもある茨城県石岡市へ!

看板建築とは?

看板建築についておさらい。『看板建築 昭和の商店と暮らし』を参考にまとめる。

看板建築とは

はじまりは関東大震災。大正12年(1923年)に起きた関東大震災によって焼け野原となった街に新しく店舗が建ち始めた際、建築家や芸術家の手によるデザイン性の高い新しい建物が建つことに。しかし、豊富な資金も無い時代。様々な工夫を凝らして看板(キャンバス)に大工や施主が夢を託したのだろう。個性豊かな看板建築は、令和になった現在も輝いている。

防火のために銅板やモルタル、タイルなどで覆い、狭い土地を活かすために正面を平坦に。

時代によって異なる

戦前、戦後で形式や装飾なども異なる。

素材

素材も様々。銅板やモルタル、タイルなどどの素材が利用されているかで印象が全く違う。

石岡の看板建築

茨城県石岡市には国道355号線沿い、中町通りに看板建築が並び、11か所が登録有形文化財として保存されている。

国道355号線

JR石岡駅から徒歩で探索するのも良し。私は車で行き、丁子屋の隣にある無料駐車場に停めた。

以下のMAPは、石岡市が提供しているMAPを参考に、私が描いたもの。建物一つ一つを紹介していこう。

 

石岡手描きMAP

①喫茶店四季

国道からちょっと脇道へ行くと喫茶店四季の建物が見える。国道からもその風格を感じ、私は思わず駆け寄った。

右手に見える

喫茶店四季はよくSNSでも見かけるほど、人気の高い看板建築。側面から見ると、看板建築の特徴がよくわかる。

喫茶店四季

昭和5年に建てられた貸店舗。現在は喫茶店四季が営業中。当初から貸店舗として建てられた貴重な建物らしい。

貸店舗

よく見ると、ギリシャのコリント様式風の柱が1階と2階部分にあり、贅沢な雰囲気。

コリント様式

側面から見た屋根には貝殻?のような飾りがちょんと残っている。これ、折れたりしないのかな…

側面から見た屋根
柱の下部

1階と2階の間には、縄の模様のようなデザイン。これは一体なんていうのか…

縄のような模様
この模様も気になる

窓も格子窓が残っていた。左側と右側で、窓や周辺のデザインも異なる。

格子窓

屋根には3つの突起があり、独特な看板建築。

突起がある

真ん中の柱を境に、店舗が2つに仕切られているというが、右側の窓は割れてしまっているみたい…

窓が割れている

喫茶店四季の左側、空き地になっているが、かつてここにも木造建築があり老舗のラーメン屋が有名だったらしい。

看板建築だけがぽつんと残っている。

 

左は空き地に

②森戸文四郎商店

森戸文四郎商店は、中町通りの常陽銀行の正面にある。

森戸文四郎商店

昭和5年頃に建てられた飼料店。現在は花屋として営業中。

洋風のデザイン

正面には縦長の窓や細長い柱のレリーフ。こちらはアールデコ調の看板建築だという。

小さな窓枠にダイヤのような枠がついているのが素敵。

 

リースみたなデザイン
3か所にあるデザイン

褐色タイルが、両サイドの柱に使われている。

美しい空と

飼料時代の看板と、花屋の看板が残っていた。

飼料時代の看板
登録有形文化財の表示

③きそば東京庵

斜め向かいにある、きそば東京庵の建物。こちらは看板建築ではないが、木造2階建ての数寄屋風の建物は石岡では珍しいとのこと。

きそば東京庵

昭和7年の建築。蕎麦屋の創業は明治26年という老舗。

老舗

入り口の丸いランプがとても好き。

昭和を感じるランプ

戦後に座敷を取り除き、テーブルと椅子を配置した和風食堂。石岡の観光の際に立ち寄りたい。

④すがや化粧品店

すがや化粧品店は、昭和5年の建築。

すがや化粧品店

当時は雑貨店であったが、現在は化粧品店に。教科書で見たことがあるようなコリント、イオニア式風の柱のデザインが特徴。

柱に注目
4本の柱

以前の写真を見ると、すがや化粧品店の「すがや」が右文字で屋号として残っていたのだが、跡形もなく消えている。

すがや…

屋根の上にはまたしても貝殻のようなデザインの飾り。

貝殻のような飾り

⑤栗山呉服店

栗山呉服店は、すがや化粧品店の向かい側にある通り。昭和7年の建築。

栗山呉服店

木造2階建ての商家建築。2階のガラス戸が美しいと評判なのだが、写真を撮っていないようだ。残念。

⑥十七屋履物店

左側の全体的にオレンジ色の建物が十七屋履物店。

十七屋履物店

昭和5年の木造2階建ての建築。履物屋として営業していた。代表的な看板建築である。

代表的な看板建築

2階の縦長の窓と茶色、オレンジ色の組み合わせが可愛い。

小さな半円のパラペット

昭和4年の石岡の火災後、この地区で最初に建築された看板建築の先駆けの建物。

1階も茶色のタイル

青い空とよく映える。昭和にタイムスリップしたかのような錯覚に。

 

青空と
細部まで美しい

店舗の入り口の欄間にも、精巧な窓枠。

 

欄間も素敵!



⑦久松商店

履物店の隣、茶色の看板建築が久松商店。

久松商店

昭和5年頃に建てられた化粧品、雑貨店。現在は喫茶店として営業。戦時中は銅板が軍部から供給されていたが、近年貼りなおしたという。

以前は銅板だった

よく見ると、雷紋の模様が細かく表現されている。

雷紋

 

⑧福島屋砂糖店

久松商店の隣にある福島屋砂糖店。

福島屋砂糖店

昭和6年に建てられた砂糖問屋である。

面影が残る

以前は店の前に自動販売機があったそうだが、景観としてよくないので撤去されたのだろうか。

何故かフィギュアが多い

砂糖を運ぶためのレールだろうか。

奥まで続いている

土蔵造りの壁が土壁漆喰塗ではなくコンクリート製なのが大変珍しいという。

横から見た

奥には煉瓦の壁も残っていた。

煉瓦の壁

黒塗りの外壁が重厚感を醸し出している。

黒塗り

⑨丁子屋(まち蔵藍)

金比羅神社の隣にある丁子屋。昭和4年の火災を免れ、江戸末期の建築と言われている。

丁子屋

観光施設として利用されており、駄菓子やかき氷なども販売していた。

観光施設に

大火を免れた唯一の建物としてとても価値の高い建物。

大火を免れた

地図に書いた⑩、⑪は時間が無く回ることができなかった。次回機会があったらまた探索したい…無念。

他にもいろいろ

登録有形文化財ではないが他にも気になった建物たち。

密集看板建築

ぎゅっと密集している看板建築が遠くからでも目立つ。

密集している看板建築

右手にあるのは石岡富国社。

石岡富国社
比較的新しそうである

 

玉川屋石岡本店、旧吉田靴店、ヤマモト時計店。

縦長の看板建築

吉田靴店は、たこ焼き屋として営業中。

鮮やかな黄色

玉川屋は銅版素材が使われているみたい。側面を見ると、奥へ長い建物であることがわかる。

 

銅板素材



たばこ屋

たばこがおくりものだった時代が垣間見える。

おくりものに

パイプ、シガーなど喫煙具も販売しているのは珍しい。

喫煙具も

昭和感のある建物たち

昭和を感じる商家の街並みが残る。

蕎麦屋の隣

前野呉服店は、ジャスコで営業しているらしい。

 

前野呉服店
国道の風景

石岡ラジオ電機店

ラジオが店名に入っているあたり、昭和…

 

石岡ラジオ電機店
SONY

 

廃墟のようなビルも並ぶ。

 

水酉酒店

昭和5年の建物らしい。

水酉酒店

看板建築らしい凝ったデザインではなく、シンプルだけど素敵。

モダンな感じ

街灯には鳥のモチーフが。

 

中町通りの街灯

石岡町道路元標があるということは、この通りが最も栄えていた場所であることがわかる。

石岡町道路元標
今はどうなんだろう

裏通り

国道から一本裏側にある通り。道路が整備されている。

 

裏通り

今回は時間の関係で探索できなかったが、裏通りから駅に向かう方面にも古い建物が多く残っている。

 

綺麗に舗装された道路だ

キャンパスショップミヤモト

国道沿いの建物。こちらも看板建築。

キャンパスショップミヤモト
上部に残るデザイン
2軒一体となっている

他にもいろいろ

阿波屋の看板、制服がかかっていて可愛い。

阿波屋
中藤精米
角吉の看板
角吉

広告も載っていた角吉は奥にある建物が和風、手前が洋風なつくりだった。

看板建築?

太陽堂薬局も横から見ると看板建築らしく、表のキャンバスが薄い。

太陽同薬局
青銅が美しい

帰らなければならない時間が近づいていたため、石岡に滞在できたのはほんの20分ほど。ダッシュで看板建築を駆け巡った。とりあえず写真に収めることを目的としたが、本当に惜しいのでまた絶対にチャレンジしたい。

金比羅神社

回れなかった看板建築も含めて、一つ一つの建物を眺めるだけで1日終わってしまいそうなくらい、石岡は濃厚な場所だった。看板建築だけでなく、駅に向かうまでの道にも古い建物が残っていそうなので近々再訪することを誓って。茨城の探索は一旦終了。

 

(訪問日:2020年8月)