JR稲毛駅と「稲毛東商店会」。”潮干狩りへの道しるべの駅”として明治初期から親しまれた駅の現在 

JR稲毛駅と「稲毛東商店会」。”潮干狩りへの道しるべの駅”として明治初期から親しまれた駅の現在 

稲毛駅周辺について。今回は総武線「稲毛駅」周辺を探索した。今までも稲毛駅近くの歴史を扱った記事は書いていたが、稲毛駅前については書いていなかったので改めて。

JR稲毛駅ホームのホーロー看板

まず稲毛駅のホームで珍しい、ホーロー看板の案内看板が残っていたので紹介したい。同じように気になっている方も多いらしい。

千葉方面

国鉄時代の名残がなぜ稲毛駅には残っているのか…鉄道マニア必見の看板だと思った。

ホーロー看板って珍しい

追記:稲毛駅が高架になったのが1980年頃ということで、柱のホーロー看板は40年前くらいものではないかと教えていただいた。

 

Advertisement

稲毛駅西口と歴史

千葉県千葉市稲毛区稲毛東3丁目。総武線「稲毛駅」西口で降りるとバスターミナルが広がっている。

稲毛駅の歴史はとても古く、明治32年(1899)年に誕生した。120年以上の歴史がある。明治初期には、文人墨客に愛された別荘地・保養地として、昭和初期には軍郷として栄えた。「潮干狩りへの道しるべの駅」として全国各地から観光客が訪れたそうだ。

その名残が稲毛にはまだ残っている。

【稲毛散策②】埋め立てられた稲毛海岸を思い出させる軍艦、大正11年創業の海の家の現在とは…

歴史ある駅であるため、商店街も古いのだろうと期待。

稲毛駅西口

ビルの上を見上げると、レトロな山崎パンの看板。昔は光っていたのだろうか。

世界のヤマザキ

三本コーヒーショップ 稲毛店

ビルの2階にある喫茶店「三本コーヒーショップ稲毛店」が気になる。

三本コーヒーショップ

日曜日は定休日らしく入り口が封鎖されていた。昔ながらの喫茶店が稲毛駅前にもあるなんて…!モーニングからランチまでメニューが豊富。

メニュー

パフェもあるみたいな雰囲気なのでこれは近々行きたいと思っている。ちなみに日曜日は定休日のお店が多いので注意。

スイーツ美味しそう

追記:駅を降りて左にあるセブンイレブンの場所には、数年前まで「メキシコ」という喫茶店があったそうだ。2階は雀荘。COFEE LOUNGEとあるのに、コーヒーは1種類しかなく、レストランに近い店舗だったという。

カラオケアーサー

裏道へ。

裏道へ進む

カラオケアーサーのある建物は麻雀店やスナックなど大人向けのお店が昔はあったみたい。

現在はとても静か

稲毛駅周辺は綺麗に整備されているみたいで、胸がざわつくような場所は見当たらず。

裏道も綺麗

塩大福を販売している和菓子屋があった。駅に直結しているペリエの入り口も奥にある。

和菓子屋

リカープラザ

振り返るとリカープラザの緑色の文字が見える建物が。

リカープラザ

ビルの外観からしてかなり古そうだが、情報が少ない。

リカープラザが気になる

千葉市の団地巡りの出発点ともなったバスロータリー。団地巡りについても徐々に公開予定。

バスロータリーが広い

昔の稲毛駅前を調べていたら、他にも喫茶店があったようだ。書店やマロンドは閉店し、よくある駅前となってしまった。追記:マロンドの跡に開業した「麦や」というお店は、マロンドが経営しているため、業態転換だという。

西口

稲毛東商店会

京成稲毛駅へと向かう県道133号沿いに街灯が並んでいるので商店街なのだろう。手前には手作りパンの店「バンビーナ稲毛店」。

バンビーナ稲毛店

初めて聞いたパン屋だ。店内は閉業してから既にかなり経っているような..

閉店したパン屋

駅前はチェーン店の飲食店も多いが、看板建築などがあり古い商店街だとわかる。

歩道が狭い

大塚時計店の外観は素晴らしいな~木製の店名と看板建築。

大塚時計店

隣にある居酒屋「庄屋」とその奥にも居酒屋があって横丁みたいになっている空間。

飲み屋横丁みたい

かなり茂っているが現在も営業しているのかは不明。

茂っている

商店街に関するホームページも、記事を書いている人もいないので情報が無い…かなり空き地になっているので昔からの建物はあまり残っていないのだろう。

空き地になっている

そして商店街は、房総往還と合流する。その合流地点にあるのが蕎麦屋「春木屋」。佇まいが渋い。右の扉は昔スナックだった。

蕎麦屋

稲毛駅で古いお店を探しているなら春木屋がおすすめ。他には正直あまり無かった。

せんげん通り

ここから先は稲毛浅間神社へつづく「せんげん通り」。

せんげん通り

稲毛東4丁目3にある木造2階建ての建物が気になった。

木造2階建て

2010年のストリートビューを見ても今と変わらない。商店とかだったのか、それとも民家なのか…

立派だな

2階にも大きな窓があったのが隠されているような気がする。旅館とかだったのか…なんだろう。

戦前から賑わった商店街なのでこういう建物がもっと多く存在したのだろう。

貴重な一軒に
Advertisement

稲毛駅東口のボーリング場

ホームからも良く見える、東口のボーリングピンが気になった。「稲毛駅前ヤングボウル」だ。外観はかなり古いが、現在も営業している。

ヤングボウル

下は千葉レジャーランド稲毛店になっており、ゲームセンターがあるのだがエレベーターなど昭和のままで少し怖かった。

東口

東口の探索はまた今度。

戦前から賑わっていた歴史ある駅としては、かなり寂しい気がした。老舗店も少なく、よくある駅前となっている。

 

(訪問日:2020年12月)