東松戸駅。国登録有形文化財に登録された「旧斎藤邸」を見学に行くが…

東松戸駅。国登録有形文化財に登録された「旧斎藤邸」を見学に行くが…

「東松戸駅」。皆さんは降りたことがありますか?用事が無かったら降りることはないと思いますが、調べたら国登録有形文化財に登録されている「旧斎藤邸」という邸宅があることを知った。が、悲劇が起きた。

JR東松戸駅

千葉県松戸市紙敷588。JR東松戸駅から徒歩15分ほどに位置する「旧斎藤邸」が今回の目的地。

東松戸駅は、北総線・成田空港線・武蔵野線の駅。

東松戸駅

平成3年(1991)に北総鉄道の駅として開業、現在のバスロータリーの場所は平成10年(1998)から。

古くからの住宅や農地が混在する郊外地域であったため、商店街とかも特には無いが、最近区画整理事業が進み、駅前に新しいスーパーや飲食店が出来ている。

駅周辺を歩いてみたものの、これと言って古い商店とかは無かった。

Advertisement

国登録有形文化財「旧斎藤邸」

東松戸駅から北西にある「旧斎藤邸」。閑静な住宅街を進んでいくのだが、本当にこんなところに国登録有形文化財があるのだろうか?と少し不安になる。

閑静な住宅街

電柱に案内があるので道は間違っていないようだ。

電柱の案内

すごく長閑な風景だな~

長閑な風景が広がる

ここが国登録有形文化財?と思ったけど、個人宅だった。立派な門だな~

個人宅

駅前の再開発された風景と、対照的な昔ながらの風景が広がっている。

立派な門構えに驚く

旧斎藤邸は松戸市のホームページに詳しく説明がある。

・旧齋藤邸の敷地には、主屋、離れ、竹紙ちくし工房、門などがあり、敷地面積は約5,500平方メートルあります。

・主屋は、明治34年(1901年)に建てられたもので、桁行七間・梁間四間半の茅葺屋根を有しています。庭園は、竹林や梅、松などをはじめとする四季折々の植物であふれ、松戸市内では数少ない光景が広がっています。

・平成10年(1998年)に、生涯学習や文化の発展に資することを目的として、当時所有者であった齋藤トシ様より松戸市へ寄贈されました。現在、旧齋藤邸は生涯学習の場として利用されています。また、竹紙工房では、庭園の竹を利用した竹紙も作成しています。

明治34年に建てられた茅葺屋根の主屋。イベントも開催されているそうだ。

と思ったら、門が閉まっていた。あれ?定休日?

門が閉まっていた

ホームページをよく読むと、

利用可能日

・平日及び第4土曜日の午前10時から午後4時まで(最終入場は午後3時30分まで)

事前の電話予約をお願いします(利用方法をご参照ください)

※臨時で休邸になることがあります。

(注意)ご利用のご連絡がない場合は、防犯上の観点から門を閉めていますのでご留意ください。

なんと、事前の電話予約!!

ホームページを見たはずなのに見逃していた。なんという失態。

門の前まで来て引き返すなんて。皆さんは気を付けてください…

YouTube動画を見て心を落ち着かせよう

昭和39年に斎藤雄三氏がこの地を買い取り、手入れを行ってきたという。平成29年に国登録有形文化財に登録。四季折々の植物で溢れる邸内、一度見てみたいな。

 

(訪問日:2021年3月)