【鳩の街】赤線の歴史探訪で一息「三好弥」でコスパ最強の定食を頂く

【鳩の街】赤線の歴史探訪で一息「三好弥」でコスパ最強の定食を頂く

「鳩の街」と聞くと、赤線の歴史が存在した街として注目が集まる街だ。現在は鳩の街通りは「鳩の街通り商店街」として地元の方で賑わっている。

私も鳩の街の赤線について調査をしたいたのだが、小腹が空いたため、近くの定食屋へよることにした。何気なく入ったお店だったが、大当たりだった。

 

まずはメニューに驚く!

「三好弥」はとんかつ店として、鳩の街通り商店街の隣の路地、水戸街道に面した場所に構えている。

 

三好弥

店頭に並べられたショーケースを覗くと、劣化し、色褪せた食品サンプルが並んでおり、少し不安に思う。

しかし、こういったお店の方が名店だったりするという話を聞くため、恐る恐る入ってみることにした。

それにしても、店頭のメニューには衝撃の値段とボリュームが書かれており、驚かされる。

 

昭和の定食屋

三好弥の店内は、テーブルがいくつか配置され、昔ながらの定食屋という感じ。夫婦で切り盛りしているようで、かなり愛想が良い方が案内してくれた。

 

店内

店内の壁にも一面にメニューがずらり。

 

焼きそばセット、とんかつ、チキンカツ、メンチカツ、肉天から選んで950円!(ライスなしは850円)

このボリューム感だったら、男性も満足ではないだろうか。正直どれも美味しそう。

メニュー

Googleの口コミを見ても高評価であり、隠れ名店のようだ。

私は親子丼を注文。まさかお重で出てくるとは思わず、びっくり。


一口、口に運ぶと卵がとろけ、出汁がそれを包む。こんなにおいしい親子丼は初めてだ。自分で再現するのは難しい味だ。

そして、連れの母はやきそばセットのとんかつ。

またしても、プレートの大きさにびっくり。とんかつってこれで一枚??手のひら以上の大きさ。

とんかつも、油っぽくなくさっぱりとしていて食べやすい。正直、とんかつチェーン店で食べるよりも美味しい。

 

優しい店主

美味しく完食し、お手洗いを借りることにした。すると、店主の方が2階の洋式を勧めてくださった(私がスカートだったため)。

なんて優しい方なのだろう。このお店は40年ほど前に引っ越してきて営業を始めたお店らしい。鳩の街が赤線だった頃とは関係がなさそうだが、チェーン店に負けずに令和も頑張って欲しいお店だと感じた。

次はオムライスを食べてみたい…

(訪問日:2020年7月)