団地南側「花見川南商店街」へ。現在も街灯が並ぶ小さな商店街

団地南側「花見川南商店街」へ。現在も街灯が並ぶ小さな商店街

花見川団地の小さな商店街「花見川南商店街」。

花見川団地は合計3つの商店街があるが、この商店街まで探索している人は少ないのでは?現在も街灯は残っており、商店街としての面影を漂わせています。

花見川団地の小さな商店街を探して

千葉県千葉市花見川区天戸町1471。

場所は花見川団地の南側。千葉市花見川第三小学校の南側にある裏門から南へ伸びる一直線の商店街が今回の目的地。

左が小学校

三河屋酒店、書店が商店街の入り口の目印。酒店は現在も営業中。

三河屋酒店

書店は「植田文教センター」と書いてある。教科書などを取り扱っているのだろうか。

植田文教センター

花見川団地の中央にある大きな商店街に気を取られて、この商店街を見落としていた。

団地は大きな商店街だけでなく、周囲に小さな商店街があることが多いので注意深く探索したい。

Advertisement

花見川南商店会を歩く

ここは「花見川南商店会」。入り口に商店街名が書かれた街灯のアーチが立っている。

花見川南商店会

検索しても全然情報が無い商店街。

街灯のデザインが、電球みたいで珍しい。

街灯が変わっているな~

小さな商店街だが、両サイドに街灯と古い建物が並んでいる。静かで雰囲気が好きだな~

一直線に伸びている

情報が全然ないので、この場でたくさん記録しておこう…

縦写真

書店は店内が暗かったけど、駄菓子?お菓子も販売しているように見えた。プラモデルの文字もあるので、子供向けの玩具があるのかもしれない。

営業中?

書店の隣には、学習塾の看板も。

育伸

和風スナックはコロナで休業しているようだった。両隣は空き地に。

和風スナック

黄色い外観の「板垣商店」。10年前のストリートビューを見ても閉店している。右はまさに工事中で建物が無くなっていた。

板垣商店

商店街は新しい一軒家に生まれ変わっていた。商店街も新陳代謝を繰り返す。

新しい一軒家が多い

まだ残っている建物も、営業しているお店は本当に少ないのでいつまで残っているかわからないな…

静まり返っている

美容室に書かれた「コンピューターパーマ」の言葉に時代を感じる。

コンピューターパーマ?

「アケーン」はスナックかな?

アケーン
鮨膳

ブリヂストン自転車のレトロな看板が隠れている。

ブリヂストン自転車

しかし、肝心の自転車屋さんは閉店している…

元自転車屋

太丸屋呉服店は半分シャッターが開いているが、営業しているのか不明。

太丸屋呉服店
Advertisement

うーん、こっちの建物は何だろう?酒屋?右は喫茶店のようにも見える。

倉庫と喫茶店?

あ、コカ・コーラの1リットル瓶!今は貴重なものだけど、重しとして使われている…できれば持って帰りたいくらい!

コカ・コーラの1リットル瓶

隣の佐藤商店も営業していない。

佐藤商店

うっすらと見える文字。

スリープショップ、大塚屋?もしかして寝具店?大網白里市に家具屋の「大塚屋商店」があるので支店だったのかな?

スリープショップ

あっという間に商店街の終わりが見えてきた。早いな…

終盤…

「週刊現代」の看板がレトロで好き!

週刊現代

裏面には「婦人倶楽部」の看板。初めて聞いた雑誌だな…

婦人倶楽部

調べると、昭和63年(1988)に休刊した雑誌だそうで、講談社が大正9年(1920)に創刊した歴史ある雑誌。戦前・戦後を通して「四大婦人雑誌」に数えられたという。

この看板が残っていることが奇跡だな。

クリーニング店だが、元は書店だったのかもしれない。

チェリー

商店街の南側にあるアーチ。

商店街のおわり

レトロな看板があったし、小さな商店街を記録できたことが嬉しい。訪れて良かった。

人通りはない

商店街の東側は自然豊かな森だったが、宅地開発が行われて、綺麗な一軒家が並んでいた。住人が増えているのと反比例して、商店街は寂しくなっている。

右が小学校

商店街で買い物をする時代は終わったのかな…と、一人寂しく商店街を歩いていて思った。

花見川南商店会が賑わっていた頃の様子を知っている方がいたらコメントください~

花見川団地の商店街

(訪問日:2021年5月)