五井「新田商店会」と駅近くの大人の繁華街へ -五井⑸

五井「新田商店会」と駅近くの大人の繁華街へ -五井⑸

今回は、前回の続きで川沿いから「新田商店会」へ。何気なく歩いていると、森永乳業のエンゼルマークが残っている建物を発見できて嬉しい。

五井「新田商店会」を歩く

千葉県市原市五井。前回の記事で養老川に架かっていた「吹上橋」について扱ったが、かつては五大力船の積み下ろしも行われ、賑わっていたという歴史がある地域。

川沿いから「白金通り」の住宅街を進んでいると「新田商店会」という街灯を見つけた。

新田商店会

街灯自体は比較的新しい。

新しい街灯

また、近くには「新田・下宿1号公園」という公園もあることから、この辺りは「下宿」と呼ばれていたのかもしれない。賑わっていた頃の名残で現在も旅館が残っているのかなと想像した。

旅館がいくつかある

新田・下宿の歴史について分かったらまた追記したい。

県道24号は「白金通り」と呼ばれているが、元々は「房総往還」で古くからある道。

白金通り

道幅は広く、交通量も多いため、旧道らしき雰囲気はあまり感じれないが、街道沿いには茶葉販売店、金物屋、和菓子屋など古くからありそうなお店が営業中。

和菓子屋新松月

コンビニの隣に食料品店「中島屋」が営業しているのが凄い。

中島屋

向かい側にも「中島屋酒店」。様々な業種の個人商店が営業している。

中島屋酒店

店舗も道路も比較的新しく見えるのは、道路拡張工事によって店舗が移転したからなのかもしれない。個人的な推測だけど…

道路が広いな~

「高沢海苔店」。海苔店!養老川も近いので歴史を感じるお店だなと思った。

高沢海苔店

千葉県のホームページにも紹介されている。

海苔は、昭和20年(1945年)頃から市内の海で採れる原料海苔を使用し製造してきました。現在、焼海苔缶詰や焼海苔パックなどを製造販売しております。

市原市五井地区は、かつて高級海苔の産地としても有名だったそうだ。その歴史が今も残っている。

Advertisement

森永牛乳・エンゼルマークが残る建物

白金通り沿い、高沢海苔店の向かい側に一軒、古い建物が残っていた。遠くからでも目立つ。

青空に映えるな~

そして!

上に見えるのは、森永のエンゼルマーク!!

エンゼルマーク!

エンゼルマークが残っている建物は意外と少なく、この前は大多喜で見かけたなあ。ここのは劣化してイラストが見えづらくなっている。

ちなみに、2012年のストリートビューがこちら

現在は隣の青果店の倉庫?として使われているようだった。

さらに奥の細い道を入っていくと、同じ敷地の奥にも文字が残っていた。

細い道へ

「森永ホモ牛乳」
ホモ牛乳が看板に文字として残っているのは初めて見た。

森永ホモ牛乳

森永ホモ牛乳が発売されたのは、昭和27年。「均質化」という意味の「ホモジナイズド」から由来している。→森永乳業のホームページ

先ほどの建物

そして、文字の横には先ほどと同じようなエンゼルマークも残っていた。こちらは赤い塗装が見られる。

文字とエンゼルマーク
赤いエンゼルマーク

今回見つけたエンゼルマーク自体も今の若い人にとっては新鮮。また、均質化が当たり前ではなかった時代の牛乳の歴史も興味深い。

Advertisement

新田商店会の中華・コナン

引き続き商店街を進んでいく。

商店街を進む

シャッターが閉まっているが昔はお店だったと思われる。

車一台がギリギリのような道を進むと、中華料理屋「コナン」の看板が見えた。

中華料理屋「コナン」

”コナン”という店名にも惹かれるが、なにより昭和の町中華を代表するような外観に惹かれる。

レトロな看板

駅からは少し離れた住宅街にあるので、地元の方がよく訪れているのかな?

と思ったが、お店の周りには車が数台駐車してあったので混んでいる雰囲気。

人気店なのかな

平日のお昼。混んでいる様子だったので入るのを断念したが、五井に訪れた時は立ち寄りたい。

レトロなショーケース

商店街を抜け、内房線沿線へ。この辺りは道路が区画整理で昔と全然違う雰囲気らしい。「袋小路になってしまった」と地元の方が話していた。

内房線沿い

「市原バイパス」が出来てから街並みも大きく変わったのかもしれない。

踏切

線路の向こうに見えるのは、小湊鐵道。

小湊鐵道

小湊鐵道の乗り換えだけでなく、五井駅周辺にもレトロな建物や商店街が残っていることに気づけた今回。歩いて良かった。

Advertisement

五井・大人の遊び場?

最後に、五井駅西口の1丁目の辺りを探索。

1丁目周辺

「上中里公園」から西口に向かって、飲食店や居酒屋など古くからのお店が残っていて、他の場所とは違った大人の雰囲気を感じる。

居酒屋など

決定的だったのは駅前の一本裏通り、ビルの手前にピンク色の看板が見えたのだった。

裏通りにて

この看板は比較的新しそうで、2019年頃から見られる。看板が指す奥の道に何があるのか…

NEW?

隣のビルはスナック。

スナック

昼間だから人通りがあまり無かったけど夜は賑やかなのかも。

スナックやクラブなど

そして、駐車場のところに「五井ゲームセンター」と書かれたレトロな看板。

五井ゲームセンター

肝心のお店は、先ほどの交差点の角にあるらしい。古くからありそうなゲームセンター…

ここは駐車場

周辺を見渡すと大人のお店ばかり…

案内所もある

五井の歓楽街が1丁目辺りなのかも。2015年頃まで旅館「静香」があったが今はアパートになっていた。

五井の歓楽街

市原市五井。更級日記の始まり、舟運としても栄えた歴史ある街。

立派な看板建築も残っているので、定期的に訪れたい。

 

(訪問日;2021年6月)