五井「本仲通り」と吹上橋。五大力船への積み下ろしをする川舟で賑わっていた -五井⑷

五井「本仲通り」と吹上橋。五大力船への積み下ろしをする川舟で賑わっていた -五井⑷

五井駅西口を探索。前回の房総往還から離れて川沿いへ向かって街中を歩きます~

白金通り・イトーヨーカドー市原店

千葉県市原市五井5497−2。「白金通り」は、市原市になって最初の区画整理事業が行われたところで、この通りのほぼその全線がその後の区画整理事業によってつくられたことから、区画整理発祥の地をとって、通りの愛称がつけられたものだそうだ。

白金通り

通り沿いのカフェ「グリルカーメル」が気になったが、また今度。

喫茶店

下の写真、新しい建物が建っている辺りがイトーヨーカドー市原店跡地。33年つづいたイトーヨーカドーは2010年に閉店。

イトーヨーカドー市原店
イトーヨーカドー跡地

また、隣接して「FARM51」という商業施設もあったようだ。

イトーヨーカドー以前は、市原市役所が存在したので周辺は「本仲通り」、裏側にはスナックや旅館などが並んでいた。

本仲通りに沿って白い街灯が並んでいる。

本仲通り?

各地で見かける「まるやま」の千葉本部だそうだ。

まるやま千葉本部

再開発されて綺麗な街並み、と思ったら裏道には古い住宅も残っていた。

白金通り沿いにもまだ古い建物が少しだけ残っている。いつまであるかわからないが…

白金通り沿い

交差点には三越千葉店五井ギフトハウス。

三越五井店
Advertisement

吹上通り沿いの飲食店

交差点から北へ、吹上通りに沿って川へ向かうことにした。

吹上通り

居酒屋やスナックなど飲食店が並んでいる様子。また、ジェフユナイテッド千葉のカラーが電柱に描かれているのも印象的。

飲み屋街?
斎藤食料品店

さらに川沿いに近づくと、居酒屋などが目立ってきた。

交通量が多いので歩いている人は少ないが夜になったら賑わうのだろうか。コロナの影響で休業しているお店も多い。

橋の近く

倶楽部やスナック、小料理屋。全部で10軒以上ありそう。

橋の近く

「永遠」の赤い文字が目立っていた。

Advertisement

養老川と吹上橋

養老川が流れている。とても穏やかな河川。一休みした。

養老川にて

市原市のホームページより

母なる川「養老川」は、昔、江戸との貨物輸送にあたった五大力船への積み下ろしをする川舟が行き交い、養老舟歌の聞こえる舟運で、吹上橋一帯は、大いに賑わいをみせていました。

なるほど、この辺りは五大力船の積み下ろしで賑わっていたのか…何となくその名残が橋の近くにある飲み屋街なのかもしれないと思った。

吹上橋

また、現在の五井大橋とは違い、上流側に「吹上橋」が存在した。跡地には記念碑も残されている。

吹上橋記念碑
吹上橋は昭和八年十二月、此処養老川に架設され五井地区の発展に寄与してきた
平成九年四月、養老川の河川改修事業に伴い撤去されることになり
六十三年間の歴史に幕を閉じることとなった
この橋への地域住民の愛着と親しみが、永く後世に伝わることを祈念し此処に標す
平成十一年三月  市原市

幅、3.4mの車一台がギリギリ通れるか…といった橋。まだ車社会ではなかったから、今の五井大橋からは想像ができない。

Advertisement

斉賀喜平治商店

記念碑の近くに、何やら気になる店名の商店が見えた。

住宅街方向へ

「斉賀喜平治商店」。江戸時代から営業しているのではないかと思うくらい歴史がありそうな店名だ。

斉賀喜平治商店

また、お店の前に古い石碑が残っていた。

石碑

明治8年と書いてあるので、お店もその頃からあったのかも。橋の周辺が賑わっていた頃だろう。

明治8年

向かい側にもお店らしき建物が残っていた。

住宅街を進んでいると、木製の電柱の横道に蔵が残っていた。

趣のある道だなあ

トタン板で覆われているが木製の蔵で古そうだ。気になる。

蔵が残っている

また、ビジネス旅館「吹上荘」も。もしかしたら、昔から旅館として船の関係者を泊めていたかも?と思った。

吹上荘
ビジネス旅館
旅館の案内

そしてその近くにもう一つビジネス旅館がある。

住宅街を進んで

ビジネス旅館満月。

五井の探索は次回へつづく。

※所要でパソコンが数日間使えないため、数日の間、1日1記事の更新となります。すみません…!

 

(訪問日:2021年6月)