【船橋散策②】船橋駅南側に広がる、旧船橋宿のディープな飲み屋街

【船橋散策②】船橋駅南側に広がる、旧船橋宿のディープな飲み屋街

玉川旅館、海神新地を探索し、船橋駅へと戻る途中。船橋駅の近くにも渋い飲み屋や怪しい形の建物が並んでいる。これらは再開発を免れた一帯であるが、数年前まではもっとディープな場所だったようだ。すぐそばまで開発が迫ってきている船橋。これからどんな街になるのだろう。

 

旧船橋宿から

海神新地から、船橋駅へと北上していく。

成田街道に面した広い通りに、「西向地蔵尊」と書かれた小さな一帯。かつてここが船橋宿の入り口だったようだ。東京方面から船橋宿へと入る。

この場所には、村人たちが1658年に建てた地蔵尊のほか、いくつもの像が納められており、どれも西を向いている。また、それだけでなく近くに罪人の仕置き場(刑場)があったことから、罪人の供養として置かれているとも言われている。

 

西向地蔵尊

成田街道に面して、老舗の高級料理店「稲荷屋」がある。創業は慶應元年(1865年)とのことだから、船橋宿の時代から変わらず営業しているようだ。

稲荷屋

高級とは書いてあるものの、大衆的ランチもあり、入りやすい雰囲気。鰻がとても美味しいらしい。玉川旅館、なべ三が相次いで閉店し、老舗のこれからが気になる。

ディープな飲み屋が広がる路地

稲荷屋の横道を進んでいくと、わくわくするような路地に。

一番目につくのは、三回建ての白い建物。お城をイメージしているのか、洋風で重厚なつくりになっている。呑み処「みや」が営業しているようだが、建物の内部が気になる。

呑み処「みや」

右手前にある鳥居は八坂神社。鳥居の傍にある玉垣のような石に、興味深い文字が書かれている。国威…陸軍中将…

八坂神社

その裏には、紀元二千六百年記念
戦争の時から存在していたものかもしれない。下部が埋まってしまっているが、もう少し高さのある記念碑だったのだろう。

 

八坂神社の隣の飲み屋は、昭和感満載。
PUBインフィニティーは目立つなあ。

お惣菜を販売している「いなか亭」。お弁当も安く販売されていて、良い匂いに誘われる。

いなか亭

その奥には、世界のパンヤマザキ。
こんなに古いヤマザキパンの看板は初めて見た。昭和懐かしい商店街に行くと、必ずといっていいほどヤマザキが目立つ。

隣のくジ付き自販機も気になるな…

 

ヤマザキパン

船橋駅近くの路地

八坂神社の裏手から、駅側への道も、渋い飲み屋が続いている。小料理「恋(れん)」は店名に惹かれる人も多そう。

小料理「恋」

建物の奥を指す赤い矢印。路地の奥にもお店があるのかしら?

よく見てみると建物と建物の奥にも、お店がずらり。これだけあると、知る人ぞ知る名店がたくさんありそう。

次の路地も、昼間から薄暗く、良い子を引きつけない大人の雰囲気。人が一人通れるくらいの狭い路地を奥まで入るのは勇気がいる。

細い路地

ある駐車場の片隅で見つけた木製の小さな鳥居。昔はここで商売をしていたのだろうか。

猿田彦神社の庚申堂。
なぜかこの辺りでたむろっている人が多かったのだが、ゲームのスポットにでもなっているのだろうか。

猿田彦神社の庚申堂。

まだまだ続くディープスポット

京成船橋駅傍には、「総武線沿線遊び場案内所」の看板。その奥にはピンクのマーク…お店の前では、ボーイの方が昼間から立っていた。

総武線沿線遊び場案内所

電柱には「大蔵質店」の広告。質屋もこういう場所ではお決まりである。

矢印にならって、無料ガイドの方へ。その手前にも、ギラギラした看板が怪しい建物がある。二階の窓が不自然に埋められているのも気になってしまう。

無料ガイドの方へ

無料ガイドは奥まった路地を進んだ一番奥にあるようだ。レンタルルームSKって…?手前のレンタルルームも気になるし、奥までは怖気づいて近寄れず。

ピンクの看板は、駅前の大通りを挟んだ、仲通り商店会でも発見。

「お買い物は仲通り商店会」とピンクの組み合わせが何とも言えない。商店会の入り口に堂々とあるなんて…

仲通り商店会

船橋駅周辺にもまだまだディープな飲み屋街が広がっている。さらに散策を進めたい…

 

(訪問日:2020年5月)