喫茶店「銀豆」。船橋市役所近くに存在した喫茶店の廃墟へ

喫茶店「銀豆」。船橋市役所近くに存在した喫茶店の廃墟へ

またしても後悔しか残らない情報で申し訳ないのだけれど、今回はとある喫茶店の話。

船橋市役所の裏手に「銀豆」という喫茶店があったのを知っている方はいるだろうか?

喫茶店「銀豆」を知る

なぜか突然思い出したかのように、船橋市役所の裏手に渋い喫茶店の建物が残っていることを知った。

たぶん、「わき道にそれて純喫茶2」さんの記事だったと思う。2017年に訪問されていて、2階建ての大きな喫茶店の建物「珈琲舎 銀豆」が独特な雰囲気を醸し出していた。が、閉店。

隣にも「喫茶室リーベ」があったらしいが…入れずに記事は終わってしまっている。

 

銀豆の姿は2020年のストリートビューで確認できる。

どうでしょう?この雰囲気。ゾクゾクする。

ちなみに2009年のストリートビューはこちら

市役所の人々が利用していたのかな。

調べていると「船橋に憩う」さんの記事でも紹介されている。銀豆は休業中、そのまま閉店になったようだ。一方、リーベは2017年頃に既に閉店。

そういえば、京成八幡駅近くにも同じ店名の喫茶店「銀豆」があったような…

関係はないかな。とりあえず、向かってみることにした。

Advertisement

市役所から銀豆を辿ると…

千葉県船橋市湊町2丁目。目的の場所は、船橋市役所の南側、ローソンの奥に見えるはずなのだが…

ああ、無い!!!

建物が無い!!

遠くからでも見える2階建ての建物が無い!青空が広くなっている。あのディープな小道はもう見れないのか…一足遅かった。

更地になっているのが見える

ああ、無念。何度も近くを通っているはずなのに見逃していた。たぶん最近解体されたんだと思う。船橋駅周辺は最近解体ラッシュで驚いている。

2軒とも無い

喫茶店跡地にはアパートができるみたい。

銀豆の店内の情報とかが全くなくてわからないのが残念すぎる。誰か覚えている人いないかな。そんなわずかな希望を持ってこの記事を書きました。

私が描いたイラスト

 

(訪問日:2021年4月)