ビジネスマンション「大老」、廃墟の城「英国館」は千葉栄町にあり。

ビジネスマンション「大老」、廃墟の城「英国館」は千葉栄町にあり。

千葉県千葉市中央区。県庁所在地もあるこの都市には、「栄町」という陰の歴史を持つ街がある。一昔前は駅前商店街として栄えていたのだが…

 

そう簡単に街のイメージが変わることもなく、令和になった現在も、変わらずホテルや風呂が多い街である。

 

栄町でひと際目を引く建物が「英国館」という名の廃墟天守閣を持つ廃墟…かと思いきや、2階から上はビジネスホテルだという。かなり濃い組み合わせの英国館とビジネスマンション「大老」が気になるという話。

 

駅から徒歩0分「英国館」&ビジネスマンション大老

栄町へは、総武線も通っている千葉駅から徒歩で5分くらいで行くことができる。アクセスはとても良いだろう。…が、千葉の中心でもある千葉駅をちょっと外れると場末感が漂う、というところが千葉らしさかもしれない。お宝がたくさん眠っていそうだ。

 

千葉都市モノレールを利用した場合、「栄町」で降りるとその隣に巨大な城が現れる。

英国館

これが「英国館」と呼ばれる廃墟だ。

 

廃墟の城「英国館」とは?

 

英国館の全体

ビルに天守閣の装飾をつけたかのような、豪華なつくりである。数えると7階建てのつくりである。

現在は廃墟

しかし、1階部分の廃墟化は凄まじい。不法投棄をしている人がいるのか、よくわからないモノが落ちていたり、落書きなども。

1階部分は落書きなどがひどい

よく見てみると、装飾はとても凝った造りだと思う。バブルの頃に贅沢を惜しまず作られたものなのか…現在こうした装飾をあしらったお店は少ない。

看板
上を見上げる
下から屋根を見上げる
御入浴料コース90分

「御入浴料5000円コース90分」と書かれた看板からお風呂屋だったのだろう。

廃墟と化してしまうのは少しもったいないような気もするが、廃墟マニアにとっては良い塩梅だろう。

 

ビジネスマンション「大老」で殿様気分?

廃墟の城「英国館」に興味津々だったのだが、英国館を横に回ってみると、小さいながらも看板が出ているのに気づく。「マンション大老」…マンションだったのか。

マンション「大老」…
右手に大老の看板

ビジネスマンション「大老」…ビジネスマンションとは?ビジネスホテルの古い言い回しなのだろうか?そして入り口の近くには、「ビジネスマンションタイロー」と新しい看板が設置されている。

ビジネスホテル?ビジネスマンション「大老」

ビジネスホテルではなく、ビジネスマンションというのがこだわりなのだろうか。比較的新しめの看板にもビジネスマンションの文字。

 

2階から上の階はビジネスホテルとして使われているようだ。詳細はわからないが、現在も営業中のよう。てっきり建物全部廃墟だと思っていた…

受付は5階。
ショートタイム、1日~長期滞在 お気軽にご利用下さい。とのこと。

 

最上階の部屋からはと、千葉を眺望できる。
ディープな気分を味わいつつ、と殿様気分を味わえるのはビジネスマンション大老、ここだけだろう…

Advertisement

追記:キャバレー 「杯一」

最近、栄町に大きなキャバレーが存在したというお話を伺ったので興味が湧き、調べてみると大きなグランドキャバレー「杯一」というお店が千葉市中央区栄町通りに存在したという。千葉市随一の夜の盛り場であった栄町は、時代の変化とともに姿を変えていった。

1998年9月の稲毛通信によると、キャバレーの閉店を次のように記述している。

昨年三月にはロイヤルプラザホテルが廃業したが、今度は栄町と栄枯盛衰をともにしてきたキャバレー杯一が八月いっぱいで閉店した。
キャバレー杯一がオープンしたのは昭和三十七年、三十年余という長い間、サラリーマン、商店主、公務員などの夜の憩いの場となってきた。ホステスも最高の時は百人以上を数え、杯一は東京品川区大井に本社がある山口紹介が経営するチェーン店の一つ。神奈川県の鶴見、東京池袋に系列店がある。かつては連日大入りという月もあった店も最近はめっきり客足が落ちていた。

昭和37年(1962年)から平成10年(1998年)まで営業。閉店の際に働いていたホステスの方は約70人。赤い文字が大きく目立つ建物は現在残っていない。

写真がほとんど残っていないみたいで、残っている1枚から自分で描いたもの↓

イラスト

杯一というのは何て読むのかと思ったら「杯一(ぱいいち)」と読むのですね。栄町には他にもキャバレーがあったみたいだけど、「ハワイ」かな?詳しいことはわからない。

現在の栄町は千葉市随一の盛り場だった頃を忘れ、完全に寂れてしまっている。栄町の探索もしたことがあるのだが、どこか不思議な気持ちになる街だった。また記事に書きたいと思う。

 

(訪問日:2020年2月)