ビジネスマンション「大老」、廃墟の城「英国館」は千葉栄町にあり。

ビジネスマンション「大老」、廃墟の城「英国館」は千葉栄町にあり。

千葉県千葉市中央区。県庁所在地もあるこの都市には、「栄町」という陰の歴史を持つ街がある。一昔前は駅前商店街として栄えていたのだが…

 

そう簡単に街のイメージが変わることもなく、令和になった現在も、変わらずホテルや風呂が多い街である。

 

栄町でひと際目を引く建物が「英国館」という名の廃墟天守閣を持つ廃墟…かと思いきや、2階から上はビジネスホテルだという。かなり濃い組み合わせの英国館とビジネスマンション「大老」が気になるという話。

 

駅から徒歩0分「英国館」&ビジネスマンション大老

栄町へは、総武線も通っている千葉駅から徒歩で5分くらいで行くことができる。アクセスはとても良いだろう。…が、千葉の中心でもある千葉駅をちょっと外れると場末感が漂う、というところが千葉らしさかもしれない。お宝がたくさん眠っていそうだ。

 

千葉都市モノレールを利用した場合、「栄町」で降りるとその隣に巨大な城が現れる。

 

英国館

 

これが「英国館」と呼ばれる廃墟だ。

 

廃墟の城「英国館」とは?

 

英国館の全体

ビルに天守閣の装飾をつけたかのような、豪華なつくりである。数えると7階建てのつくりである。

しかし、1階部分の廃墟化は凄まじい。不法投棄をしている人がいるのか、よくわからないモノが落ちていたり、落書きなども。

 

1階部分は落書きなどがひどい

よく見てみると、装飾はとても凝った造りだと思う。バブルの頃に贅沢を惜しまず作られたものなのか…現在こうした装飾をあしらったお店は少ない。

下から屋根を見上げる
御入浴料コース90分

「御入浴料5000円コース90分」と書かれた看板からお風呂屋だったのだろう。

廃墟と化してしまうのは少しもったいないような気もするが、廃墟マニアにとっては良い塩梅だろう。

 

ビジネスマンション「大老」で殿様気分?

廃墟の城「英国館」に興味津々だったのだが、英国館を横に回ってみると、小さいながらも看板が出ているのに気づく。「マンション大老」…マンションだったのか。

 

マンション「大老」…
右手に大老の看板

ビジネスマンション「大老」…ビジネスマンションとは?ビジネスホテルの古い言い回しなのだろうか?そして入り口の近くには、「ビジネスマンションタイロー」と新しい看板が設置されている。

 

ビジネスホテル?ビジネスマンション「大老」

ビジネスホテルではなく、ビジネスマンションというのがこだわりなのだろうか。比較的新しめの看板にもビジネスマンションの文字。

 

2階から上の階はビジネスホテルとして使われているようだ。詳細はわからないが、現在も営業中のよう。てっきり建物全部廃墟だと思っていた…

受付は5階。
ショートタイム、1日~長期滞在 お気軽にご利用下さい。とのこと。

 

最上階の部屋からはと、千葉を眺望できる。
ディープな気分を味わいつつ、と殿様気分を味わえるのはビジネスマンション大老、ここだけだろう…

 

(訪問日:2020年2月)