「ドムドムハンバーガー」IN東習志野店!日本最古ハンバーガーショップの魅力に気づいた日

「ドムドムハンバーガー」IN東習志野店!日本最古ハンバーガーショップの魅力に気づいた日

「ドムドムハンバーガー」は日本で最初にハンバーガーショップを出店したハンバーガーチェーン店。しかし、現在、その数は減少しており、地域によっては近くにドムドムハンバーガーないところも…

私は年代的にあまり馴染みが無いのだが、ドムドムマニアの方にドムドムの魅力を教えていただいたことで、改めてその魅力を再認識することができた。

今回は、千葉県3店舗中の東習志野店へ訪れた時の記録。

 

ドムドムハンバーガーについて

「ドムドムハンバーガー」は、昭和45年(1970年)生まれ。今年でちょうど50年という節目の年!ハンバーガーチェーン店と言えば、やはりマクドナルドが思い浮かぶ方も多いと思うが、日本で最初にハンバーガーショップを出店した「ドムドムハンバーガー」は知る人ぞ知る名店。

 

私が最近ドムドムハンバーガーを気になりだしたのは、東海3県で唯一のドムドムバーガーが閉店すると、話題になった記事。今年の6月30日をもって、三重県桑名市にある「ドムドムハンバーガー桑名FC店」が閉店したのだ。多くの方に愛されているハンバーガーショップが閉店したことで、Twitterでもかなり話題になっていた。あまりドムドムに馴染みがない私は、なぜここまで多くの人を惹きつけるのか、とても興味深いと感じた。

しかし、いざ店舗に足を運ぼうと思っても、店舗数が激減しているのだ。かつては200店舗近くあったお店も、現在は26店舗ほど。しかも、11都道府県にしかない。岩手県、山形県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、大阪府、和歌山県、兵庫県、岡山県、福岡県。その中で、千葉県には奇跡的に3店舗あった。「茂原アスモFC店」「マルエツ東習志野店」「野田運河プラザ館店」。これは奇跡…

 

年々店舗が減っているようなので、これは後悔しないためにも今行くしかない!ということで、早速マルエツ東習志野店のドムドムハンバーガーへ行くことにした。

 

ドムドムハンバーガー 東習志野店

「ドムドムハンバーガーマルエツ東習志野店」は、千葉県船橋市習志野にあるマルエツに併設された店舗。京成本線「実籾駅」から車で10分。

 

ドムドムハンバーガー東習志野店

ドムドムハンバーガーマルエツ東習志野店

営業時間:10時~20時

定休日:無

マルエツ以外にも、様々なお店が並ぶショッピングモールのような場所。駐車場がとても広い。

看板の一番下には、ドムドムハンバーガーの名前も発見!シンボルマークの「どむぞうくん」が何ともかわいらしい。

ドムドムハンバーガー発見!

全然関係ないことだが、文教堂書店も近々閉店するとか…

ドムドムハンバーガーは、マルエツの奥に構えている。マルエツの色味を同化しており、風景に馴染んでいる。

緑色の店舗

ドムドムハンバーガーの魅力の一つである、メニューの充実度。季節限定商品はもちろん、通常のメニューも変わり種がたくさんあり、選ぶのに迷ってしまう。

期間限定メニューも美味しそう!

コロッケバーガーは待望の復活らしい。値段は190円と驚きの価格。お好み焼きバーガーって、とても斬新だなあ。

ハンバーガー以外にも、サイドメニューにあるかりんとう饅頭が気になった。なぜ、ここでかりんとう饅頭?

どれも美味しそうなメニュー

 

ハンバーガーを注文!

かなり迷ったのだが、ここは定番の「てりやきバーガー」。プラス、先ほどチラシが貼ってあった「メキシカンチリバーガー」とチョイス。期間限定に弱くて…

注文してから丁寧に作っているためか、のんびりとした待ち時間。店員さんの魅力も、確かに伝わってくる。私のほかに、スーツを着たサラリーマンの方が並んでいた。

 

てりやきとメキシカン

懐かしい味。

まるでおばあちゃんに作ってもらったかのような、懐かしく美味しいハンバーガーだった。これは遠くからでも、わざわざドムドムに通いたくなる気持ちもとてもわかる気がする。普段食べているハンバーガーとは温かみが違っていて、これからも長く残ってほしいと思った。私があまりドムドムに馴染みがないように、同年代の若い人はドムドムの魅力に気づいていない人が多いだろう。私がこうして発信することで、少しでも広まったらいいな。

 

そして、なんと!

2020年9月19日(土)に、「浅草花やしき店」が新しくオープンするとのこと!花やしき店限定メニューもあるのだとか!日本最古のコラボはとても惹かれますね~ぜひ行きたい!メニューも制覇する勢いで、これから通いたいと思います!

 

(訪問日:2020年7月)