明里(あけさと)の名前の由来は新選組!遊廓を知ったきっかけ

明里(あけさと)の名前の由来は新選組!遊廓を知ったきっかけ

こんにちは、明里です。

私は明里(あけさと)としてDeepランドの記事を執筆している大学生です。あかりなどと間違われるのですが、あけさと、と読みます。

今回はそんな私の名前の由来についてちょっとだけ書いておこうと思います。

 

明里と新選組

明里の由来は新選組。この時点でピンと来た方はかなり歴史に詳しい方ですね笑

新選組の結成に近藤勇たちと関わっていた山南敬介という隊士のことはご存じでしょうか?途中で近藤勇や土方歳三らと揉めて、脱出したことで切腹になってしまったので陰が薄い方かもしれません…

そんな山南さんの恋人が島原遊女でした。新選組の屯所があったのは京都で、島原遊郭にもとても近かったために他の隊士もよく通っていたそうです。その島原遊廓の「角屋」で働いていた明里さんは当時21~22歳くらいとも言われていて、私とも凄く年が近く謎の親近感が湧きます笑

当時中学生だった私は、新選組に興味を持って調べていたら、遊廓という存在を知りました。そして今の活動を始めるにあたって、遊廓を知ることになったきっかけである明里さんから名前を頂きました。島原遊廓についての探索記事は↓

【島原】2017年の島原遊郭。私の遊廓研究の原点 -島原

新選組が好きだった中学生

新選組に興味を持ち始めたのは小学6年生頃。当時好きだった日光江戸村で新選組のコスプレを経験したり、、

小6の明里

でも一番大きかったのは少女漫画の影響。

「風光る」という現在も連載が続く少女漫画があります。史実に忠実で、歴史好きな方もきっと大満足の漫画です。私も全巻40巻以上持っています。(私が中学1年生の時に描いたイラスト↓右下の女性が明里さん、隣が山南敬助さんです。

2012年

風光るの中で描かれている明里さんの姿がとても艶やかで美しいんです。当時中学生だった私はとても惹かれてしまいました。2012年、中学一年生の時に描いた明里さん。↓

そして明里さんと同年代になった現在。遊廓や赤線で働く女性がどのような気持ちで働いていたのか、そして私も決して違う世界の人間とは言えない環境で生きてきたからこそ、私ならではの視点で調査ができるのではないかと思い、現在のDeepランドを立ち上げました。

私の好きな言葉は温故知新です。歴史を調べ、現代に生きる私たちにとっても何か気づくことがあるのではないかと思っています。

これからも明里として、Deepランドで様々な記事を執筆していきたいと思います。

※noteの記事をブログに移行しました

 

(執筆日:2020年10月)

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。