【日本最古】鬼子母神の江戸時代から続く駄菓子屋「上川口屋」で童心に返ろう

【日本最古】鬼子母神の江戸時代から続く駄菓子屋「上川口屋」で童心に返ろう

駄菓子屋…みなさんはどんな思い出があるだろうか。

子どもの頃お小遣いを手に通っていた記憶が蘇る場所。しかし、そんな子どもの聖地・駄菓子屋も時代の波に飲まれ、姿を消しつつある。

そんな中、

江戸時代から続く日本最古の駄菓子屋なるものが、鬼子母神にあると聞いた。まさかそんな…半信半疑で行ったが、そのノスタルジックな風景に心惹かれてしまった。

 

都電を乗り継いで、鬼子母神へ

 

都電にわくわく

鬼子母神を訪れるのも初体験!そして都電に乗るのも初体験!という私は、駄菓子屋「上川口屋」へ行く前に既に興奮気味であった。

 

鬼子母神前駅で降り少し歩くと、ガラッと雰囲気が変わる。時を越えて、令和になってもなお変わらず残る独特な雰囲気。都心にもまだまだ素敵な場所があるものだ…

 

鬼子母神の途中にも、ノスタルジックな建物と遭遇。

 

學問所 雑司寮明哲院

「學問所 雑司寮明哲院」とある。學問所って…

ノスタルジックを通り越して、江戸時代から時が止まっているかのような…

後に調べてみたら、2014年に民家を一般開放して学問所を開いたそうだ。

関洋裁店

こちらの洋裁店もとても古そうで、つい見入ってしまう。窓や扉のデザインが可愛らしいな~

 

日本最古の駄菓子屋?!「上川口屋」

 

鬼子母神

駄菓子屋はどこ??と迷子になっていると、鬼子母神の境内に、人が集まっている。どうやら、鬼子母神の境内の中に駄菓子屋「上川口屋」があるらしい。

鳥居の隣にあるのが上川口屋

想像している駄菓子屋を遥かに超える、佇まい。どうやらここだけタイムスリップしてしまったのではないか、と思えるほどのノスタルジックな風景だ。

上川口屋の看板

お店の看板には、「創業1781年」と記載されている。かなりのインパクトだ…

正面から見た上川口屋
ノスタルジックな雰囲気

販売されている駄菓子は、お馴染みのモノばかり。
童心に返って駄菓子を選ぶのに夢中になってしまった。

いくつになっても駄菓子は忘れられない。

 

そして何よりも店主のおばあちゃんが元気…!楽しそうにお話しているのが印象的だった。

 

駄菓子屋へ通う子どもの姿を久しく見てない。

昨今の社会情勢の影響が、駄菓子屋まで及んでいないと良いが…

 

営業時間は10時~17時。
定休日は、雨や雪、台風の時とあるので、天候に気を付けて訪れたいものだ。

 

(訪問日:2020年3月)