千葉神社近くの大福屋「木村屋」。創業昭和7年の老舗店で豆大福を購入

千葉神社近くの大福屋「木村屋」。創業昭和7年の老舗店で豆大福を購入

千葉神社のお土産として古くから名が知れている「木村屋」。

「老舗の豆大福」はどのようなお店なのでしょうか?

千葉神社前の交差点にて

千葉県千葉市中央区院内2丁目13−11。千葉神社の北側、千葉神社前の交差点の角に佇む、一軒のビル。ここが、創業昭和7年の「木村屋」である。JR千葉駅からは徒歩15分。

木村屋

定休日は日曜日。売り切れると閉店となる。

千葉市内では有名なお店であるため、早いと午前中には売り切れてしまうとのこと。私が訪問したのはお昼前だったが、既に売り切れている和菓子があり、さすが人気店だなと実感した。

新型コロナウイルスの流行のため、入店できるのは各グループ1名のみ。

入り口

1名とのことなので、母に代わりに取材してきてもらった。

Advertisement

木村屋の豆大福

豆大福は1個216円。

価格表

当店の顔である豆大福は昔ながらの製法で作ったもので、添加物は一切使用していません。
当日限りのお召し上がりの本物の大福餅です。
北海道産の小豆を練り上げた餡と国産水稲もち米で作っています。
千葉のブランド豆大福をぜひご賞味下さい!

日持ちはしないため、通販はしておらず、その日限りの販売。そのほかにも季節の和菓子などが販売されている。

ショーケース

サラリーマンが箱で豆大福を購入する姿も見られた。手土産で購入する人も多いのだろうか。

売り切れている商品も

訪れた時は色とりどりの和菓子が並んでいたが、母が悩んでいるうちに後から来たお客さんに購入されてしまい、空の状態に…残念!

店員の方に話を伺おうと思ったが、次から次へとお客さんが来店するため、ゆっくりと取材できず。焦って撮影したので写真がブレている…

焦ったみたい

千葉神社には訪れたことがあるが、裏手にお店があるので今まで知らなかった。

千葉神社は特に参道やお土産店などは設置されていないので、ここが唯一のお店かな?みなさんもぜひ立ち寄ってみて下さい!

千葉神社の裏手
購入品

豆大福と青梅大福を購入。大きな豆がゴロゴロと入っている豆大福!青梅の甘露煮が丸ごと一粒入っているのは嬉しいですね~美味しかったです!30年以上前から人気があったと聞きましたが、現在も変わらずに人気店のようでした。

(訪問日:2021年7月)