本千葉駅近くに佇む2軒のレトロな洋館付住宅が気になる

本千葉駅近くに佇む2軒のレトロな洋館付住宅が気になる

寒川町から本千葉駅へ帰宅途中に見つけた、2軒の洋風な建物。本千葉駅は以前にも探索したが、住宅街に残る趣深い建物に釘付けになった。

寒川町からリサイクルショップへ

前回歩いた、寒川町の房総往還を引き返し、交差点から東へ進む。

郵便局の並びには商店の建物が並んでいるが、向かい側は道路拡張されて綺麗になっていた。

寒川町

左手は千葉市立寒川小学校。東へ進み、線路沿いを歩いて本千葉駅方面へ。

寒川小学校

線路沿いにリサイクルショップ「おうせ」を発見。

リサイクルショップ

雑多な雰囲気で掘り出し物があるのではと思い店内に入ると、2階にもぎっしりと古い物が並んでいた。特にスタッフの方々の人数が多くて、不思議な雰囲気だったのが印象に残っている。

私の欲しいガラス瓶関係は無かったけど、レトロなグッズが販売されていたので好きな人にはおススメ。

その並びにビジネスホテルのような建物。

ビジネスホテル?

U-City Hotel と書いてあるが、現在はアパートのようだ。その奥にも「京屋」という文字が見える建物がある。

Advertisement

大網・末広街道沿いの建物

東側のメインストリートは「大網街道」「末広街道」。

動物病院の隣にあるもじゃハウスになっている建物が気になる。1階に店舗が並んでいたのだろうか。

街道沿い

街道沿いには昔ながらの飲食店がポツポツと並んでおり、駅から離れているのになぜだろう?と疑問に思った。

キッチン ミヨシ

2008年のストリートビューを見てその答えがわかった。

現在、スーパーのリブレ京成が建っている場所は、千葉中央バス株式会社の車庫だったのだ。

はせ川

そのため、周辺に昔ながらの飲食店や店舗跡が見られたのだ。

Advertisement

病院の隣の洋館付住宅

再開発によって、柏戸病院も移転。病院の裏手にある住宅が気になった。

柏戸病院の裏

奥は木造2階建ての和風住宅、手前は洋風建築。

洋館付住宅?

大きな松の木などが並んでいて、建物の全体像はわかりづらいが、かなり立派な洋館付住宅だと感じた。

表札を見ると、柏戸病院と同じ名前だったので病院の関係者の住居ということだろうか。凄い邸宅だ。

洋館の横

柏戸病院の開設は、昭和3年(1928)。現在は3代目の院長とのこと。歴史ある病院の邸宅がすぐ裏にあるとは知らなかった…

また、邸宅の裏には1階が商店のアパートも。昔は焼き鳥屋も営業していたようだ。

1階が商店
Advertisement

本千葉駅近くの洋館付住宅

そして、さらにもう一つ。本千葉駅方面の住宅街に、洋館付住宅が残っていた。

あまりにも素敵な建物で初めて見た時は言葉を失った。

本千葉駅近く

角に佇むピンク色の外観の洋館。左側が平屋の和風住宅。

角に洋館

以前は窓も覆われていなかったようだが、最近トタン板で覆われてしまった。

なんて素敵なんだろう

すぐ近くには、以前紹介した「なりた旅館」の看板も。

なりた旅館

洋館付住宅が2つも残っている本千葉駅周辺。この建物は普通の民家なのだろうか。

灯りがついているので現在も住んでいる方はいらっしゃるはず。

裏側は錆びたトタン板で覆われていた。いつか機会があったら建物内を見てみたいな…

近くにあるビジネスホテル「なりた旅館」。以前詳しいお話を伺ったことがあるので、また今度洋館付住宅のことも伺いに行こうかしら。

なりた旅館の近く

【旅館】本千葉のビジネスホテル「なりた旅館」で聞いた幻の建物

(訪問日:2021年7月)