出洲港のボウリング場へ。千葉スポーツプラザの昭和感満載なビルに惹かれ

出洲港のボウリング場へ。千葉スポーツプラザの昭和感満載なビルに惹かれ

今回は、千葉市中央区出洲港にある、千葉スポーツプラザへ。

レトロな外観のボウリング場があると噂を聞き、探索の途中で立ち寄ることに。

出洲港の宿舎

千葉県千葉市中央区出洲港13−26。前回の続きで、田子作煎餅の店舗から歩いて出洲港へ。

出洲港

目的地の手前に団地のような古い建物が並んでいる。ここは、「千葉県警察本部出洲警察待機宿舎」と「雇用促進事業団融資みなと住宅」の建物のようだ。

4階建ての建物が並ぶ

4階建ての建物。車が駐車場に停まっていたので現在も使われているようだ。

老朽化を感じる

車通りが激しい通りで歩いている人はあまり見かけない。こんなところにボーリング場があるのか…と思っていたら、奥に巨大な建物が見えてきた。

奥に見えるのは
Advertisement

千葉スポーツプラザの昭和感満載なビル

目的地、千葉スポーツプラザへ。全面ガラス張りの水色の壁と、赤と白のトリコロールの塔?全体的に昭和のバブル期を彷彿とさせる建物だ。

千葉スポーツプラザ

ボウリング場「サンキョウボウル」は6階にあり、ゴーカート場やテニスコートなども入っている。

巨大な施設

黄色のボウリングピンは全部で3つ。もう一つは屋上にある。

ピン

インドアテニススクール「メイユールテニスプラザ」、インドアサーキット「サーバーサーキット」の看板。

看板

ボーリング場だけだと思っていたので、サーキット場があるのは知らなかった。びっくり。

インドアサーキット

展示されている。千葉県でサーキット場といえば、市川市の「大慶園遊園地」で遊んでいる人をよく見かけるが、千葉市にもこういう場所があったなんて…

メイユールテニスクラブ
Advertisement

千葉スポーツプラザの1階

今回は入り口付近だけ見学。また機会があったら遊びたいな。

レトロな照明

1階のエレベーターの様子。手前にも何軒かお店が営業していた面影があったがシャッター通りになっていた。

エレベーターホール

昭和のブームの時にオープンしたのかな…コロナ禍だからか、建物内もひっそりとしていた。

ボーリング場やサーキット場のポスター。

ポスター

サーキット場の様子。体験したことが無いので、いつかプレイしてみたいな。

コースの紹介
階段

大人1階、2200円(6分間)。スタートパックで6300円。

料金

6分で2200円。凄い世界だな…と思って眺めていたら、エレベーターを降りて来た親子と遭遇。手にはヘルメットを持っていた。

カートの種類

小学生くらいの小さな男の子とお父さん。4歳以上から一人で乗ることができるらしいので、常連なのかもしれない。素敵だなと思った。

周辺のグルメマップ

建物の南側もかなりレトロ。

ビルの南側

日本初上陸!気分はF1レーサー!!

F1が流行っていたのも随分前だが、私の父が好きで地上波で流れる試合を見ていたのを覚えている…

日本初上陸

こんなに近くに体験できる場所があるなんて今まで知らなかったな。

Advertisement

出洲港を探索

千葉スポーツプラザの隣にある、千葉港湾福利厚生協会みなと住宅。1階に床屋や飲食店が営業している。

千葉港湾福利厚生協会みなと住宅

港の周りを歩いて、湾岸道路方面へ。

出洲港

この辺りは人気もなく、静か。建物も閉鎖されている。

閉鎖されている建物

カーブのところに「三代川商店」が見えてきた。

三代川商店

自動販売機と椅子、喫煙所になっているようだ。日曜日だからか閉まっていた。

閉まっていた

2020年のストリートビューではシャッターが開いている様子。

興真牛乳

そして、もう一つ。都川の西側、湾岸道路の北側に昭和のホテルの建物が存在すると聞き、気になっていってみるも…

完全に更地になっていた。

ホテル高縄

2020年のストリートビュー

土の状態から、最近解体されたと推測。

こういうホテルも厳しい状況なのかな…そんなことを想いながら、都川を渡って寒川へ。

寒川へ

寒川の房総往還沿いにある白井酒店。アサヒビールの看板が渋い。

白井酒店

白井酒店は営業中。出洲港から寒川へ、次回はさらに東へ進みます。

酒屋さん営業中

(訪問日:2021年7月)