レトロな「千葉市役所」本庁舎、千葉市議会の建物。建替え解体前に記録

レトロな「千葉市役所」本庁舎、千葉市議会の建物。建替え解体前に記録

千葉市役所。馴染みのある方も多いのでは?

その建物も、新庁舎の建設が進んでおり、既存の庁舎は数年の間に取り壊される予定。解体前にしっかりと記録に残しておこうと思います。

千葉都市モノレール「市役所前駅」へ

千葉県千葉市中央区千葉港1−1。千葉市役所の最寄り駅、千葉都市モノレール「市役所前駅」へ。今回は千葉中央駅から歩いて向かった。

歩いて

正面に見える建物は、次回紹介する千葉市中央コミュニティセンターの建物。

千葉市中央コミュニティセンター

その向かい側にあるのが、今回の千葉市役所。既に大きなクレーン車が遠くからでも見える…

市役所前駅

千葉都市モノレール「市役所前駅」。日常にモノレールがある生活ってなんだか素敵。ここはモノレール1号線。

千葉都市モノレール

平成7年(1995)開業。

モノレールはアニメや企業とのコラボでカラフルな車体になっていた。

モノレールと市役所

モノレールの運賃は高いイメージがあるので今回は歩いて来てしまったけど、意外と千葉駅から歩いても近いので驚いた。

半径1キロ圏内に、千葉駅、京成千葉駅、千葉中央駅…近いな。

交差点にて
Advertisement

千葉市役所、建替え

クレーンに囲まれているのが、千葉市役所本庁舎。解体が予定されている建物である。

千葉市役所本庁舎

昭和45年(1970)に移転、この建物が建造されてから50年近く経っている。そのため、老朽化や耐震性などの問題が生じており、新庁舎の建設が2020年から始まっている。

レトロな雰囲気

私は休日だったので館内には入っていないが、一番上にある展望台もかなりレトロな雰囲気みたいで、「ちばみなとJP」の記事に詳しくまとめられている。機会を見て見学してみたいな~

工事中

ちなみに、新庁舎の設計は隈研吾氏。直近では、東京オリンピックの国立競技場が有名ですね~完成予定図は東京新聞の記事に載っている→新庁舎22年末に完成 千葉市「総合防災拠点」に

千葉市役所新庁舎は、2020年着工、2023年開庁予定。その後、旧庁舎は解体になると思うのであと2年ほどかな。

駐車場を含めた敷地全体の整備が完了するのは2025年1月末の予定とのこと。最後に見納めと思っている方はお早めに!

Advertisement

千葉市議会の建物

隣には、千葉市議会の建物。

千葉市議会

私は初めて見たのだけれど、青と白の美しいコントラスト、対照的なデザインに一目惚れ。

美しい

大阪の千里中央駅前にある建物が似ている雰囲気とのコメントもあったが、見る人を惹きつける魅力があるなと思った。千葉市の市役所の建物、素敵だな~!

千葉市役所の歴代の建物はほとんど残っていないが、昭和15年(1940)から千葉市役所として使われていた歴史ある建物が、現在は千葉トヨペット本社として使われているので必見。→【稲毛散策②】埋め立てられた稲毛海岸を思い出させる軍艦、大正11年創業の海の家の現在とは…

縦の写真も良いな~

好きな建物なので何枚も撮影しておこう~数年後には無くなっている建物だし…

Advertisement

千葉市役所の外観を見学

市役所前駅から通路を通って市役所へ。なんだか近未来的なトンネルだな~

通路

赤い巨大なクレーンが既に並んでいて、市役所の建物を綺麗に撮影できない…現在の建物を囲むように建設が予定されているらしい。

足場が組まれているので建物全体が見えなくなる前に撮影できて良かったのかもしれない。

着々と進んでいる
この日は工事は休み

千葉市役所2階入り口。

2階入り口

青く見えた窓は、窓の内側にあるシャッター?が色付きということか~納得。

青く見える窓は

本庁舎前は壁に覆われており、1階からは撮影が難しい状況。

正面が駅

先ほどの千葉市議会の建物。休日だったので訪れている人はほとんどいない。とても静か。

学校の見学で館内に入ったことがある方もいるのでは?

傍聴人入り口

建物の東側にあるタクシーのりば。椅子の上の屋根は骨組みだけになっていてなんだか切ない。

タクシーのりば

正面の入り口わきに、蓮の花が咲いていた。

蓮の花

千葉市といえば、蓮の花。「大賀蓮」は、千葉市で発見された世界最古の花として、千葉市の市花に制定されている。ハス博士といわれた「大賀一郎」博士。

開花していた

2000年前の古代ハスの美しさを現在も堪能できるのって凄いことだなと思う。

千葉市議会の建物を正面から。

千葉市議会

本庁舎の建物が後ろにあり、なんだか戦艦のようなカッコよさを感じる。左右対称的で写真欲が高まるな~

正面から

役所系の建物の中でも特にお気に入り。

だが、数年後には解体となる予定なので気になる方はお早めに!

50年、今までお疲れ様でした!

 

 

(訪問日:2021年7月)