御宿「月の砂漠」と中華料理屋「チャイナ」。房総の夏

御宿「月の砂漠」と中華料理屋「チャイナ」。房総の夏

御宿駅から向かったのは、御宿町中央海水浴場!真っ白な砂浜と青い海が、夏に飢えた私たちを呼んでいた。いつか行ってみたいと思っていた夏の御宿。観光客がビーチで夏を満喫する中、私は周辺の建物が気になった。観光客があまり目を向けないであろう場所を記事にしておこう。

御宿駅

外房線「御宿駅」。千葉県夷隅郡御宿町にある1923年開業の駅。簡易的なSuicaの改札機が設置されているのみで、ほぼ無人駅。

御宿駅

係員がいなくなる17時50分以降は、自動券売機が使用できなくなるため、Suicaのチャージ不足の場合、精算する方法がないという。事前にチャージは済ませておこう。

駅前は観光案内所があり、海水浴場へと向かう客が数名歩いていた。

御宿駅前

御宿駅前通りを歩いて、海水浴場へと向かう。ヤックスドラッグの大きな建物。地元の方はここで買い物をしているのだろうか。駅前にはあまりお店が見受けられない。

ヤックスドラッグ

関東ふれあいの道

駅前通りから、川が流れる遊歩道があったので脇道へ。清水川に沿って散歩ができる道だ。

清水川

なんと「関東ふれあいの道」に選ばれている道だという。関東ふれあいの道は、首都圏自然歩道の愛称らしい。

関東ふれあいの道

関東一都六県をぐるりと一周する長距離自然歩道で総長は1,799㎞。起終点は東京都八王子梅の木平で、全コースを回るのも楽しそうかも。どれくらいの日数がかかるのだろう。

民宿や飲食店が並ぶ

国道128号線に出て、御宿中央海水浴場へ。国道に出たものの、営業していない飲食店が目立つ。

廃業してしまったのかな

御宿駅入り口の交差点から、東へ。後で気づいたが遠回りをしていたみたい。でも、この通りは飲食店や旅館が多く、歩いていて楽しかった。

みなとや

磯割烹たなか、民宿アイビーなどの看板が路地に見える。

磯割烹たなか、民宿アイビー

海水浴場で海を楽しんだ後は、磯料理を満喫…なんて素敵な夏なんだ~房総っていいな。

磯料理

こちらは長田荘。素泊まり専用。

長田荘

グーグルマップではメグミルク御宿販売所と書かれている。

メグミルク御宿販売所?

ある駐車場で見つけた看板。コンパニオン募集こっそり見える。

広告看板

交差点の角にある大野荘。このあたりには民宿が多数密集している。

大野荘
ニュー阿波屋

月の砂漠

中央海水浴場の近くにある「月の砂漠記念館」。御宿がモデルになった童謡『月の砂漠』。御宿をこよなく愛した詩人加藤まさをの作品や資料など貴重な展示がある記念館だ。

月の砂漠記念館

月の砂漠記念館
営業時間:9時~17時
休館日:水曜日
入館料:大人400円、高大生・65歳以上300円、小中生200円

記念館の先は、御宿中央海岸。

月の砂漠

「月の砂漠」の登場人物であるラクダに乗った王子と姫の像が建っている。この日は曇っていたが、晴れた日は白い砂に映える2人の像が素敵。

姫と王子

御宿海岸

御宿中央海岸に着いたとたん、晴れてきた。平日であるにも関わらず、多くの人が集っていた。ちなみに今年は新型コロナウイルスの影響で千葉県のすべての海岸で海水浴は中止。

御宿中央海岸

千葉県でもこれだけ綺麗な透き通る青い海がある。そして御宿のカラフルな文字と一緒に写真を撮ってインスタ映えを狙う若い人も多い。

御宿のインスタ映えスポット

ビーチを後にし、周辺を歩くとプールらしき場所を発見。御宿町営ウォーターパークである。7月中旬~8月下旬まで営業しているらしいが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止。

御宿町営ウォーターパークウォータースライダーや流れるプールなど充実しているのだが、今年はひっそりとしている。

海岸の付近

中華レストラン「チャイナ」

お腹が空いたので中華レストラン「チャイナ」でランチ。情報量が多い外観に誘われて。

中華レストラン「チャイナ」

うまい!安い!たっぷり!って最高すぎる。老舗の雰囲気も感じて、期待大。

入り口

店内はとても広々としていて、昭和の豪華な中華料理屋という感じ。昼時だったが、客は私たちのみ。

豪華な店内

メニューもたくさんあるのだが、手ごろな値段。隠れ名店という感じだ。

メニュー

そしてすぐに料理が来た。酢豚とエビチリの定食なのだが、本当にたっぷり!海で遊んだ後にはぴったりのご飯なのではないだろうか。

酢豚とエビチリの定食

エビチリも程よい辛さで、ペロッと完食。

ちょうどよい辛さ

泊まれる中華レストランというように2階では民宿を経営しているのだとか。

泊まれる中華レストラン

海水浴の近くにあった出店でお昼を済ませている観光客が多かったが、穴場な場所を見つけたな。

御宿駅前

そして再び歩いて御宿駅へ。駅前の通りにはヤシの木が並び、南国気分を味わえる。

御宿駅前の通り
街灯にも王子と姫の姿が

通りには「御宿町歴史民毒博物館」があった。御宿の今昔写真展と書いてあり、とても興味があったのだが、今回は時間の関係で断念。縄文土器や生活道具なども飾ってあるらしい。

御宿町歴史民毒博物館
御宿の地図

御宿の海岸までは車で行く方も多いためか、駅周辺はとても静かな街となっている。周辺の飲食店や民宿もとても素敵な雰囲気なので駅から探索するのもたまには良いかもしれない。

 

 

(訪問日:2020年8月)