看板建築「信州味噌問屋」。千葉市に残るレトロな建物

看板建築「信州味噌問屋」。千葉市に残るレトロな建物

”味噌”の文字…

かつてこの辺りはどのような街並みだったのか。一軒だけ残る看板建築から考えてみる。

千葉・岡崎歯科医院

今回の目的の建物は、Twitterの知り合いの方から教えていただいた情報。

京成千葉中央駅から西へ、目的の建物を目指して歩く。新宿緑道から建物へ向かう途中に、岡崎歯科医院の建物と遭遇。

岡崎歯科医院

昔ながらの歯科医院。特別に古いというわけではなさそうだけど、こだわりが詰まっていそうな外観に惹かれた。

門柱も良いな~

入り口にある円柱はタイル張り。なかなかオシャレである。

タイルの円柱
Advertisement

看板建築

交差点の角に佇む看板建築へ。

美しい…!雨が降り始めているのでまだら模様になっているのが惜しいが、青いスペイン瓦が良いアクセントになっている。千葉市は空襲で焼け野原になっているので、戦後の建築かな。

看板建築

2階の窓も完全に封鎖されており、現在は使われていない様子。周囲にはあまり古い建物が残っていない、しかも高層マンションが建ち始めているので、この建物もいつまで残っているか…

右手には高層マンション
Advertisement

信州味噌の問屋?

そして、注目ポイントは上に残る木製の文字。「信州味噌問屋」とかろうじて読める。

信州味噌問屋

小さな下の文字は剥がれており、側面の文字もボロボロ…台風など自然災害には耐えられなかったのだろう。もう少し早く訪れたかった。

ボロボロ

2011年のストリートビューに少しだけ残っている様子が映っている。

金?商店。肝心の商店名がわからない!!

現在

また、壁にも小さな文字が。調味料…?

調味料

どの文字も今にも剥がれ落ちそうなくらい危うい。

落ちそう

かつては青い瓦屋根の下におも屋根が伸びていたが、外されている。店仕舞いをしたのはだいぶ前なのだろう。

閉店して時間が経っているのか

遠くから見ると、看板建築であることが良くわかる。2階は住居と思われる。

看板建築

建物の裏につづくのは店舗か、倉庫?蔦に覆われていて全貌が良くわからないが敷地は広そう。

奥には倉庫

調べてもこの建物に関する記述はないか…

新宿という地名が気になり調べると、昔は「結城野」という地名だったそうで、江戸時代に「寒川新宿」、昭和11年(1936)に「新宿町」に。

すぐ近くが問屋町で問屋街が形成されていたので、その影響で味噌問屋が存在したのかな。

問屋街の近く

まだこの建物、お店に関する情報は見つかっていない。

わかり次第、追記したい…

 

(訪問日:2021年7月)