【浅草地下街】観光客で賑わう浅草には、昭和で時が止まったディープな地下街がある

【浅草地下街】観光客で賑わう浅草には、昭和で時が止まったディープな地下街がある

浅草寺はいつ見ても賑わっている。

特に雷門のあたりは、ゆっくりと写真撮影もできないほど、年々混雑が激しい。

 

観光地として多くの日本人だけでなく、海外からも観光客が訪れる賑わいのある場所だ。しかし、そんな浅草にもかなりディープな地下街がある。浅草地下街へ…

 

浅草地下街への入り口

商店街から浅草地下街への入り口

浅草地下街への入り口は、二つある。東武浅草駅の駅前からと、新仲見世のアーケード商店街から地下へと降りることができる。

 

観光地化された浅草ではなかなか味わえない、ディープな香りにゾクゾクする。

浅草地下街への階段

ダンジョンのような階段。背の高い方は頭がぶつかってしまうかもしれない。でも、この圧迫感がちょうど良い。

 

階段の途中にある店名が書かれた看板。

色使いが昭和チック

浅草地下街

浅草地下街

地下街に降り立った印象は、、「想像以上にディープ!」

銀座線浅草駅の改札が直結になっているため、人通りはまあまああるのだが…

地下鉄銀座線

が、全体的に暗い雰囲気が漂い、少し地下独特の匂いも感じる。ディープ好きにとってはたまらない…

 

そんな地下の商店街だが、名店ぞろいである。

一面瓶が飾ってある壁はインパクト大。

光に照らされた瓶が美しく光っている。

 

ディープ好きな人には最高の商店街・浅草地下街。

浅草の人混みに疲れたら地下街に避難してみるのもアリだろう。

 

(訪問日:2019年10月)