浅草のヨシカミ「うますぎて申し訳ないス!」老舗洋食レストラン

浅草のヨシカミ「うますぎて申し訳ないス!」老舗洋食レストラン

浅草には名店が揃っているが、以前から気になっていた「うますぎて申し訳ないス!」の看板が目印の「ヨシカミ」。

今回、念願叶って浅草のヨシカミへ!老舗の洋食レストランは本当に雰囲気が好き…

浅草六区の老舗「ヨシカミ」

東京都台東区浅草は、大正から昭和にかけて日本一の繁華街として賑わっており、ヨシカミはその裏通りに昭和26年(1951年)に開業したお店である。

この辺りは、「六区興行街」と呼ばれ、現在も商業施設「ロックス」やロック座などの名称が残っている。当時は映画館や演芸場などがあり、大変賑わっていたらしいが、その歴史も改めて今度記事にしよう。今回は夜に訪れたのでネオンが美しいROX。

浅草バッティングセンターROX

バッティングセンターの隣にある建物が、以前から気になっていたヨシカミである。ヨシカミのホームページに豊富なメニューが掲載されているだけでなく、歴史も紹介されているので気になる方は見てほしい。

六区の裏道

ホームページにヨシカミの由来が載っている。

昭和26年(1951年)に開業したときはわずか10席のオープンカウンター式のお店だったが、朝鮮戦争による特需景気などの影響もあり、ヨシカミは大盛況。近隣の商工業者や芸能人のご愛顧を受けて、世代にわたって受け継がれてきた名店だという。

現在も、いつ見ても店内は賑わい、外まで並んでいる人がいるという人気ぶり。新型コロナウイルスの影響で外食産業は打撃を受けているというニュースが流れているが、ヨシカミは繁盛している…などとお店の方が話していた。

ヨシカミのわくわくする外観

ヨシカミでとても目立つ看板がこれ。

うますぎて申し訳ないス!

「うますぎて申し訳ないス!」なんて書いてあったら、興味持たないわけがないでしょ…ずるい笑

このコピーは、昭和35年(1960年)からコックのマークも変わらず掲載されているものらしい。「下町の洒落」と「ここまで口にだしたからにはそれなりの料理を」という戒めが込められているらしいが、昭和35年から建物も看板も変わっていないのが凄い。

どれにしようかな~
ガラスにも

今回訪れた日も混んでいて、お店の前で待機。待機している時間も、壁に貼ってある様々なポスターを眺め、時間が過ぎていく。

メニューが載っている

ヨシカミでは、ステーキ、シチュー、サンドウィッチまで様々な種類のメニューが印象的。

メニュー

「ハヤシライスやオムライスが好評ですが…やはりヨシカミの真髄はステーキとシチューでしょ」ともあるので、ステーキとシチューは欠かせないみたい。

やはりヨシカミの真髄はステーキとシチューでしょ

70種類以上もあるメニューから選ぶのは優柔不断の私には大変…

待機スペース

悩んでいたらあっという間に店内へと呼ばれた。

ヨシカミの入り口

王道の洋食レストラン

店内はテーブル席とカウンター席があり、賑わっている様子。テーブル席には赤いチェックのテーブルクロスがあり、気分が高まる。隣では家族連れでディナーをしている方々がいて、とても素敵だなと思った。

二人で注文したのは、ステーキとハンバーグ。

ステーキセット

浅草で長年愛されているのがわかるジューシーなステーキとハンバーグ。サラダやコーンスープも絶品でした。こんなに柔らかいステーキ、初めて。ビーフシチューは品切れだったけどハンバーグが美味しかったのできっと美味しいんだろうな~

ハンバーグ

ヨシカミの特徴

ヨシカミには料理の特徴としてホームページやメニューに記載されていることがある。

1.素材を厳選する。
2.基礎から手作りする事。
3.お客様の目の前で調理を展開する。
4.日本人の味覚に合わせた調味料の使用や工夫を取り入れる。
5.従って、御飯でも、パンでも、おかずとして良く合い、洋酒・日本酒のおつまみとして、充分適したお料理です。

ヨシカミのパンフレット1
ヨシカミのパンフレット2

・特に、奇異をてらったお料理や独創的な料理ではありません。ごく一般的なお料理に多少の工夫を取り入れる点が、特色かもしれません。
・素材が、特に素晴らしいものの場合には、あまり余分な手を加えずに、素材のおいしさを生かした調理方法を取り入れております。

素材を生かした美味しさがヨシカミの魅力!

「うますぎて申し訳ないス!」を実感した幸せなひと時であった。また訪れたい。

(訪問日:2020年9月)