「焼肉横丁」浅草のコリアンストリート。裏路地に密集する焼き肉屋

「焼肉横丁」浅草のコリアンストリート。裏路地に密集する焼き肉屋

浅草のディープスポットを探索!ということで、今回は浅草2丁目の裏路地へ。「焼肉横丁」(国際通り飲食組合)はコリアンストリートとして親しまれている。

かつて凌雲閣があった周辺には現在もその伝統が残る裏路地が眠っている。

正直ビヤホール分店

浅草花やしきの西側、アーケードがついた「ひさご通り商店街」からスタート。最寄り駅はつくばエクスプレス線「浅草駅」。

ひさご通り商店街

ひさご通り商店街にも様々なお店があって、仲見世通りとはまた違った雰囲気で好き。後々、違う記事でひさご通り商店街についても記述しようと思う。

ひさご通り商店街を抜けると、「言問通り」へ。さらに向こうは吉原へと続く「千束通り」である。

言問通り

ひさご通り商店街を出て左で見つけたのが、老舗感漂う建物。「正直ビヤホール分店」というお店だ。

正直ビヤホール分店

なぜ「正直」という店名なのか…と思ったら遊廓に関係する店名らしい。

昭和25年に開業した正直ビヤホール。実はここは分店で、正直ビヤホール本店が千束4丁目の吉原ソープ街にあるという。(現在は閉業)

吉原が遊廓だった時代、「正直楼」という妓楼を先代が経営していたことが由来だそうだ。

まさか、吉原遊廓との関係性がこの場所にあるとは驚き。これから吉原遊廓についてもまとめる予定なので、正直楼についての情報も集めたい。

キリンビール
Advertisement

怪しい路地

正直ビヤホール分店の近くにある路地。ひさご通り商店街と並行しているが、人通りはほとんどないくらい路地だ。スナックと思われるお店が何軒か並んでいる。

裏路地

灯りがついた看板が見えてきた。左にある「ビューティーサロン柳家」の看板がレトロで良い味出してる。

ビューティーサロン柳家

こちらは赤いネオンの看板。夜空に赤いネオンがとても映える。

赤いネオン看板

緑色の「くり」の文字が怪しく光っている。その下の看板は「スナックバーシモン」とあるが、光っておらず。

妖艶な光

人通りのあるひさご通り商店街の一本裏道に行くと、このような路地裏が広がっているなんて、子供の時は気づかなかったな~

Advertisement

ホテルニュー栃木屋

怪しい看板の先には、ネオン看板の灯りが消えた「ホテルニュー栃木屋」。建物の側面はかなり暗いが営業しているのか…

ネオン看板が消えている

出入口とあるが、出入りの様子はない。細い路地の右側にはスナックが並んでいる。夜はちょっと怖いかも。

出入口

ホテルの正面。ニュー栃木屋の緑色の看板が光っている!営業しているみたい。調べてみたらホームページもしっかりとしていて、館内もとても綺麗。

ホテルニュー栃木

しかも、GOTOキャンペーンも利用できるらしい。創業50年を迎える老舗格安宿として浅草では有名みたい。

昼間に撮影したニュー栃木

追記:2020年12月に廃業したとの情報が…
【裏浅草DEEP】新吉原遊廓跡のカフェー建築を巡る

ホームページも開けなくなっている。看板、好きだったので今度撮ろうと思っていたのにショック。

そのお隣にある錆びた建物もとても印象的。スナックらしき看板が静かにぶら下がっていた。

錆びた建物

追記:ホテルは閉業、取り壊されました

Advertisement

浅草のコリアンストリート

ホテルニュー栃木から南西へ進むと、国際通りとひさご通り商店街の間、高いビルの間に…コリアンストリート、浅草コリアンタウンと呼ばれる焼き肉屋や韓国料理店が立ち並ぶ通りがある。

コリアンストリート

大久保や上野のコリアンタウンと比べると小規模ではあるが、昭和レトロな焼き肉屋が路地裏に隠れるように佇んでいる。焼き肉の良い匂いも漂ってくる…

ショーケースがキラキラ

特に「大福園」はとても目立っていた。「街焼肉」と呼ばれるチェーン店ではなく、地元で愛されている焼き肉店のことを指す。この大福園をはじめ、コリアンストリートには街焼肉の名店が揃っているという。

焼肉食事 大福園

カルビのおいしいお店…!手描き看板が街焼肉ならではの、親しみやすさを感じさせる。

手描き看板と

こちらは焼肉「金燈園(きんひえん)」。1964年開業の老舗焼肉店は、朝の10時から開店している。

金燈園

かつては20軒ほどあったお店も、現在は10軒ほどに。家族経営のため、後継者不足で減ってしまうのも無理はない。

狭い路地に光り輝く

浅草のコリアンタウンの歴史

改めて、この浅草の「焼肉横丁」コリアンストリートの歴史を調べてみると、闇市が起源のコリアンタウンであることがわかった。

元々は「国際マーケット」と呼ばれた闇市。浅草には闇市起源のコリアンタウンが他に現在の「ホッピー通り」がある。

浅草2丁目の今回のコリアンタウンがある場所は昔、「浅草六区」と呼ばれる歓楽街であり、「国際劇場」の賑わいを当てにして在日韓国人・朝鮮人の方が商店や飲食店を開業したらしい。

国際劇場は、昭和12(1937)年に開業し、”東洋一”とも呼ばれた松竹系の劇場であった。1982年に閉鎖され、現在は浅草ビューホテルが建っている。都道462号線には現在も「国際通り」の名称が残っており、名残を感じることができる。

浅草の在りし日の歓楽街としての賑わいを感じることができる、裏路地。

 

(訪問日:2020年9月)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。