浅草「東本願寺」。門前町の街並み”俘虜収容所”の歴史も

浅草「東本願寺」。門前町の街並み”俘虜収容所”の歴史も

前回に引き続き、夜の浅草のを散歩。ふらふらと歩いていたら、東本願寺、そしてその門前の景色が気になって足を止めた。

浅草「東本願寺」

東京都台東区西浅草1丁目5−5。前回の銭湯「三筋湯」の帰り、ふらふらと彷徨っていると、東本願寺へたどり着いた。

浅草本願寺

慶安4年(1651)神田に建立、今日との東本願寺の掛所(別院)となる。

門に「浅草本願寺」と名前があるのは、以前呼ばれていた名称。明暦の大火で焼失し、神田から浅草へ移転し、昭和40年(1965)に改称している。

さらに、歴史を辿ると重要な場所だったことがわかる。

大政奉還後、明治元年に旧幕臣らによって結成された「彰義隊」の拠点として使われたそうだ。

また、大正3年(1914)、第一次世界大戦の時には俘虜(ふりょ)収容所となり、ドイツ捕虜計314名を収容した。この時の収容所長が西郷寅太郎。翌年、大正4年(1915)に収容所は、千葉県習志野に移転する。

習志野市大久保に設置された「習志野俘虜収容所」は、最大で千人の捕虜を収容。この時に、ドイツ人からソーセージの作り方を教わったため、ソーセージ製造発祥の地となり、現在も「習志野ソーセージ」が有名に。習志野の俘虜収容所の遺構を辿ったことがあるので、まさか浅草の東本願寺と繋がりがあるとは…歴史はどこで繋がるかわからないから面白い!!

京成大久保の記事、以前たくさん書いたのでご覧ください。
京成大久保駅周辺の歴史。軍隊の街と商店街の「カフェ」の関係性 -京成大久保⑴

Advertisement

浅草・東本願寺の門前の街並み

浅草の東本願寺の参道の門前。夜なので見づらいが、参道と呼ぶにふさわしい道路の広さと、周囲には長屋が並ぶ。

東本願寺の門前

人通りもないし、ネオンも無い。昭和の風景がそのまま、静かに残っていて感動した。

とても好きだな

かつては、お土産屋やお茶屋など、参拝客向けのお店が並んでいたそうだ。空襲にも焼け残ったという門前町の街並み。

戦前はどんな賑わいだったのだろう。

現在は閉まっている

映画の撮影などでも使われた街並みらしい。確かに映画のセットのような風景がこんなにも残っているとは、雷門周辺の観光客はなかなか知らないだろう。

今度は昼間に訪れよう…

東本願寺も閉まっていた
Advertisement

菊水通り

今回、宿泊している台東旅館があるのは「菊水(きくすい)通り」。

菊水通り

東本願寺の北側の通りに広がっている。夜になると、ミラーボールのような街灯が輝いて素敵…

調べてもこの通りに関する記事は少なかったので注目している人は少ないのかな。

夜の風景

ビルの1階に並ぶスナックやパブの看板。コロナ禍の夜は静まり返っていた。

ビルの1階

商店街というより、大人の通りの雰囲気。飲み屋やホテルが並んでいる。

レトロな看板

ビルの間に挟まれた古民家が気になった。

風情がある建物…

この時は暖簾がなかったので気づかなかったが、調べてみると昭和12年創業の老舗お好み焼き屋「染太郎」というお店であることがわかった。

坂口安吾、江戸川乱歩、渥美清など著名人が通ったという名店。今まで知らなかったのを後悔…!近くには今回宿泊した台東旅館。素泊まりなのでここでご飯を頂くのも良いな~

台東旅館

 

(訪問日:2021年7月)