「穴川商栄会」穴川中央通りの地図が残る商店街にて

「穴川商栄会」穴川中央通りの地図が残る商店街にて

周辺で何か良い商店街が無いかな~と探索していたら、ある道の途中に「穴川商栄会」なる看板を発見した。

あまり情報もなく渋い商店街。偶然通りかかったときの記録。

天台駅から

最寄り駅は、千葉県千葉市、千葉都市モノレールの「天台駅」。駅を出てすぐ北側にある、126号線ではない方の分岐を北西に進む。

大内薬局が目印。薬局の前には明るい家族計画の自動販売機も。

大内薬局
左が穴川商店街

モノレールの線路脇にある小さな商店街。

車通りはある

歩道がとても狭く、撮影をするのはちょっと危ない。しかし、商店街の雰囲気が全然ないのだが…

歩道が狭い

角の一角にある「い志い食堂」は昔ながらの定食屋。和食、洋食、中華なんでも揃っていると口コミにあるので、昔から地元の方に愛されているお店かも。

い志い食堂

私が今回確認した範囲で、唯一といっていいほど、このお店だけが営業しているようだった。

穴川商店街を進む

穴川の街灯

商店街には欠かせない街灯も、穴川商栄会の看板を掲げている。

穴川の街灯

等間隔に街灯が建っている。透明の丸い街灯は、夜になるとどのように光るのだろうか。

透明な街灯

商店街のような活気はないが、街灯だけが商店街の存在感を高めている。

街灯が目印
たくさんある

穴川商栄会の情報があまりにも無さ過ぎて、街灯の写真が多め。

街灯

穴川中央通り

穴川商栄会と思っていたが、地図を見ると「穴川中央通り」と書いてあった。地図には参加者がたくさん書いてあるのだが、現在も営業しているお店はどれくらいあるのでしょう?

穴川中央通り

白とピンク色の建物が気になった。

これはなんのお店でしょうか?

近づいてみると、洋品店の「葉宮」というお店だった。シャッターに描かれたイラストも昭和を感じる。洋品店だからおしゃれなデザインの建物なのか…

葉宮洋品店

大通りに近づいていくと、静かなお店ばかり。いつ頃閉業してしまったのだろうか。

飲食店だったのかな

穴川商栄会の歴史について知っている方がいたら教えてください。

この建物も商店っぽいけど

裏の階段は崩れていてとても危険。

崩れた階段

と思ったら、網の向こうに猫らしき動物が…飼い猫?

網の奥に猫

ビューティーかさがわのある建物は複数のテナントが入店していたのだろう。

ビューティーかさがわ

穴川商栄会は情報がほとんどないのだが、「らーめん大地」のラーメンが美味しいを評判と書いてあった。

が、去年その建物は解体されたとのこと。そりゃ、私は見た記憶がないわけだ…

文教通りから

穴川商栄会を後にし、さらに北へ。文教通りから北の道へ進む。

文教通り

裏道ではあるが、広い建物が建っている。

広く立派な建物

その隣には穴川神社。昭和17年(1942年)に石尊神社と道祖神社が合祀されて穴川神社となった。

穴川神社

穴川神社は稲毛区役所入り口に鎮座している。また、文教地区というのは千葉市内でも人気の高いエリアらしい。

京成宮野木商栄会

穴川商栄会からあまり近くはないが、千葉都市モノレール穴川駅をさらに北上、京葉道路、宮長橋の近くから北東に分岐する道に商店街らしき通りを発見。

商店街!

千葉市稲毛区宮野木町の「京成宮野木商栄会」という。金色の街灯がなんだかリッチな雰囲気。時間の関係で探索できなかったが、なみき通り沿いに商店街が続いているようだ。

街灯がおしゃれ

穴川商栄会と京成宮野木商栄会を紹介した。

ほとんど情報が掴めなかったので、もし地元の方などで知っている方がいたら教えてください。

多くの情報が残っていない商店街こそ、記録に残しておく価値があると思っている。探索途中にふと発見した商店街をこれからも記録していきたい。

 

(訪問日:2020年9月)